トップ
 

2006野反湖フィールドフォークコンサート
b0040498_23431482.jpg

クルマから降ろした荷物を両手に下げて、会場となる広場に歩いてゆきます
まだステージではリハーサルや音響のチェック
客席の方もブルーシートを敷こうか敷くまいか迷っている様子
そんな中で、いち早くテーブルをセットして楽しそうにくつろいでいる一団が
…あれ? あの太い眉毛とヒゲは、、、村上律さんではないですか!
出演予定には名前なかったよね
TシャツやCDを並べているテントでは中川イサトさんがニコニコ笑いながら座ってる

正直言って、イサトさんってこれまで写真や映画などで見ただけでしたが
なんとなく「神経質な人」という先入観を持っていたのですね
でも、CDにサインをしてもらいながら少し言葉を交わすと
結構気さくで楽しそうな人でした…このあと『律とイサト』の土着踊りを見るのです



…というエピソードをいちいち書いているとキリがありません

なにせ、6時間を越える長丁場です
標高の高い山の上、いくら夕方涼しくなろうとも、途中で雨が降ろうとも
夏の日差しは堪えます
今年はけっこう雲が多かったにもかかわらず、最初の1時間で腕がヒリヒリですね

というわけで、司会の人も言ってましたが、くつろいで観るのが一番なのです
後ろの方では炭火熾してバーベキューやってるグループもいました

このコンサートはお行儀よく座って、一言一句を聞き逃すまい、とか
音符ひとつも聞き漏らすまい、とか
そんなコンサートではないと思うのですよ



今年はワタクシ、一人で見に行った気軽さというか淋しさというか
いろんな人と言葉を交わしたような気がします
まぁ、ミュージシャンの人たちとはサインをねだるのがきっかけだったりするのですが
少なくとも会場内をうろうろ歩き回っている出演者の人は
笑顔でサインや会話に応じてくれますしね

主催者側のTさんやYさん、観客の中に顔見知りを見つけたり
嬉しいことに向こうから声をかけてくれる人もいました



(時には裏切るけど)美しい自然の中で素敵な音楽を聴きながら
ゆったりした気分で人と出逢う

これが、このコンサートの醍醐味なんでしょうね
そして20年続いた理由なのでしょう

また来年も行きたいです



b0040498_033217.jpg
出演者
  ほっとシューマーズ
  T'sn Band
  丹下靖
  野反湖オールスターズ
  宮崎勝之古橋一晃
  後藤雅憲
  土着民
  高橋李枝
  okayan(わたらせびーとるず)
  OWL
  ふたり乗り
  我夢土下座
  中川イサトwith武蔵野レビュー、村上律
  (こむろゆい)
  SAM
  全員

   武蔵野レビュー
    大庭珍太
    竹田裕美子
    宮崎勝之
    古橋一晃
    河野俊二
   平井宏
   五十川清

参考レポート:
 2004野反湖フィールドフォークコンサート
 2005野反湖フィールドフォークコンサート
[PR]
by TodomatsuHouse | 2006-08-23 23:45 | 音楽と周辺

 

Copyright © 漂泊舎 2004-2006 All rights reserved

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
RSS ブログリンク PC・ネット ウェブログ 音楽と周辺 路上にて 無題 イヌと暮らす はてな オピニオン 記念日 英文に翻訳します
これまでの記事
これより新しい記事は新URLにあります(古い記事も再掲してあります)

2006年
Jan Feb Mar
Apr May Jun
Jul Aug Sep
Oct Nov

2005年
Jan Feb Mar
Apr May Jun
Jul Aug Sep
Oct Nov Dec

2004年
      Sep
Oct Nov Dec



 
受信したトラックバック
小室等 こむろゆい Li..
from ういろー・ざ・わーるど
小室等 こむろゆい ライ..
from ういろー・ざ・わーるど
ミルクランドは何処にある?
from ういろー・ざ・わーるど
寸止め・2
from ういろー・ざ・わーるど
もう記事のネタに困らない..
from ネットビジネス関連お役立ち無..
告 知
from ういろー・ざ・わーるど
2006野反湖フィールド..
from ういろー・ざ・わーるど

XML | ATOM

skin by 漂泊舎
RSS feed meter for http://uiroh.exblog.jp