トップ
 

<   2004年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
一日延長
b0040498_2326324.jpg
月末だ
それでなくても忙しいのに
台風が来ている
なにかハプニングが起きなければいいが
それにしても時間が足りない…

こないだの日曜日(26日)
久しぶりに信州北国街道・海野宿を通りかかり
そういえば、以前ここで
こんな工事中の看板を見たことがあったと
思い出した
[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-09-30 00:00 | 路上にて
森村桂さん
ゆうべ、ネット上のニュースで
森村桂さんの訃報に接した

彼女の著名な作品といえば
『天国にいちばん近い島』というのは同感だが
「原田知世が主演して映画化された」にはピンと来ない
なんじゃ そりゃ? 原田知世って誰?

自分は、それよりずっと前
テレビドラマの印象の方がよっぽど強く残っている
もっとも、「強く残っている」と書いたものの
実際にはその連続ドラマは見ていなかったし
主演したのが誰だったも覚えていない
それに、今、一所懸命思い出したら
『天国にいちばん近い島』ではなく
別の小説をドラマ化したものだったような気もしてきた
『結婚志願』だったか?

森村桂は、1960年代後半から70年代の若者のカリスマだった
女性に人気のあった作家だったが
実は男でも結構読んでいるやつがいた
友人の本棚に彼女の本を見つけたりしたものだ
かくいう自分もその一人だったが
実際に買った単行本は『森村桂・宮殿に住む』だけだった
中学生の頃だったと思う
今でも書店の棚に彼女の著作がズラッと並んだ光景を思い出せる

大学生になってようやく
角川から文庫化されていた彼女の本を買い揃えた
わりと初期の作品が多かったと思う
久里洋二の表紙イラストが今でも目に浮かぶ

彼女の本は完全なフィクションというよりは
自伝的なものが多かった
だから、彼女の作品は「彼女そのまま」・・・そう感じた
それが彼女がカリスマとして支持された理由だろう

彼女の本を読んで
不器用でお菓子作りが好きだけど失敗ばかりしている少女
そんなイメージが固定化された

軽井沢にある『アリスの丘』の前は幾度となく通ったが
中に入りたいと思ったことがない
妻はよく「一度行ってみたい」と言うが
「とんでもない、あの人が作ったケーキなど食べられるものか」
そう言い続けている自分は
森村桂のファンだったんだなと思う

今、家には彼女の本は一冊もないが
コールマンのキャンプ用オーブンを見るたびに
少女が憧れたオーブンとは
こういう天火(てんぴ・・・もはや死語)だったのかなと思う


ご冥福をお祈りします
[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-09-28 22:54 | 無題
繋がらLAN わかLAN (アドバイス求む!)
b0040498_23211047.jpg
一階にある息子の部屋に中古のパソコンを置き
インターネットや二階のプリンターが使えるように
LANで繋ごうと考えたわけです

すでに一階のリビングと二階のパソコンは
電話用の配管を利用して壁の中にLAN配線してあるのですが
今回は同じ一階で、露出配線することにしました
いちおう家族が過ごす部屋ですし、お客が来ることだってあるから
見栄えがいいようにモールなんかも買ってきて
壁や天井の隅を綺麗に這わせたわけです

と・こ・ろ・が
なぜか通信ができないのです

パソコンとルータを繋いだ時点で
ルータ側のアクセスランプは点灯しているのです
それなのにデータのやり取りができない

ケーブルは超フラットタイプの10mと15mを用意して
メス-メスのコネクターで繋いで使っています
接触不良を疑い、一度外してみて
別のパソコンに行く配線に割り込ませてで繋いでみましたが、ちゃんと通信します
それどころか、ケーブルを床に置き
部屋や廊下の真ん中を息子の部屋まで引っ張ってきたら、これもOK
モールに隠して壁や天井を伝わせると駄目になってしまうのです

原因は何? 壁の中にお化けがいる?
ある人が言うには「LANケーブルを強く曲げていませんか?」
ああ、そういえばそんな話を前に聞いたことがあるなぁ
強く曲げると良くないって話
でも、水道のホースじゃないんだしね
それに自分の勤め先でもこれ以上に曲げて
はるかに長い距離を使っているけど特に問題は起きてないよ

ネットオークションや100円ショップで資材をそろえたとはいえ
それなりに小遣いから出費していますので
このまま無駄にはしたくない

誰か解決のためのヒントをください
[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-09-23 14:07 | PC・ネット
煙もくもく
b0040498_2316161.jpg
夏が過ぎる頃、ホームセンターなどではキャンプ用品を見切り始めます
ま、最近では春や秋にもキャンプに行く人が増えてきたせいか
以前ほど派手に見切らなくなってきたような気もしますね
…ちょっと残念 (^^ゞ

それでも
このあいだ段ボールスモーカーが半額ほどになっていたのを発見
500円になっていました
b0040498_23164071.jpg
実を言うと
久しぶりにスモークでもやってみようかと
段ボールの箱を探していたのですが
なかなかちょうどいいサイズの箱って
有りそうで無いんですよね
(前はコピー用紙の箱を使ったっけ)
で、これはキットになっていて
ちゃんと金棒や網がセットされていて
お試しサイズのスモークウッドも一本ついて
500円になっていました

この値段だと
自分で段ボールを加工して
金網なんかを買い揃える手間が
ちょっと嫌になってしまいますね

というわけで軟弱にキットを買ってきて
今日、庭で試してみました
以前はチップを使ったので
熱を加え続ける手間が大変だったのですが
(段ボールに火が着いたこともあったな)
線香みたいに使えるスモークウッドは簡単ですね
夜のおつまみ用にミックスナッツとチーズを用意して
煙もくもく1時間半…

一応そばから離れるわけにいかないから
ぬれ縁に座って
これまた久しぶりに引っ張り出した
オートハープのお稽古しながら
煙もくもく1時間半…

決めた、今度のキャンプはこうやって過ごそう

今夜のビールは旨かった
(こういうのをビギナーズラックと言うんだろうね)
次は何に煙をかけようか

More
[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-09-18 22:25 | 無題
源氏パイ
b0040498_23103043.jpg
土曜日(11日)、おやつに子供たちと『源氏パイ』を食べていたら
なんだか人の顔に見えるようなものがあって
(伊藤正道さんの作品を思い出しちゃった)
思わずデジカメを出してきてパチリ

しかし、この『源氏パイ』ってのは昔からあるよなぁ
パッケージをひっくり返すと
1965年(昭和40)発売と書いてありました
かれこれ40年ですよ…いやはや息が長いお菓子です
子供の頃から親しんだ味、と言いたいけれど
当時の我が家にとっては高級品だったのか
たまに食べて嬉しかった記憶しかないですね
この会社の製品では『サンリツパン』はよく食べたなぁ

ところで『源氏』というのはどういう理由でつけた名前なのだろう?

話は変わって、『○○パイ』と言う名ですぐに頭に浮かぶのは
これはやっぱり『夜のお菓子・うなぎパイ』です
あれは何故「夜のお菓子」なのか?
以前聞いた話では
「一家団欒のひとときを『うなぎパイ』で過ごしてほしい」
という願いを込めてネーミングしたものだそうで
うなぎ⇒精がつく⇒??? というふうに連想してはいけないらしい

『うなぎパイ』で連想してしまったのが『ししゃもパイ』
学生時代、北海道の浜中ユースホステルでゴロゴロしていた連中(主にワタクシ)が
時刻表の欄外に書いてあった駅弁や土産物紹介の中にこれを見つけて
これは『うなぎパイ』のソックリさんなのだろうかと話題になり
たしか代表して釧路まで買いに行ったのがトチロウだったはず
買うときに、『うなぎパイ』にはウナギのエキスが入っているので
『ししゃもパイ』にもシシャモが入っているかと訊ねたところ
「そんなことしたら生臭くなろうが」と一笑に付されたらしい


b0040498_23111188.jpg
松江にはパッケージまでよく似た『どじょうパイ』というのもあるらしい
先日読んだ『BE-PAL(2004年4月号)』では秋田に『はたはたパイ』があるとか
かと思うと7月に行った秩父では『鮎パイ』というのを見つけた
…みんな魚ばっかりというのも面白い
以前、ご当地サブレのウェブサイトというのを見つけたことがあったけど
ご当地パイのサイトも誰かが作っていそうな気がする

そう思って検索してみたけど
ご当地パイのサイトは見つからず、『源氏パイ』のファンサイトを見つけてしまった
…あるんだねぇ。世間は広いとつくづく思います
そこで知った衝撃の新事実、『源氏パイ』のネーミングの由来!

  『源氏パイ』の発売は上にも書いたように1965年なのだが
  翌1666年のNHKの大河ドラマが『源義経』になることが決まっていた
  よし、来年は「源氏ブーム」が来るぞ!

…尾上菊之助(現・菊五郎)さんには大変な期待が掛けられていたのですね


  参考サイト:
     伊藤正道・http://www.kt.rim.or.jp/~masa-ito/
     三立製菓・http://www.sanritsuseika.co.jp/
     春 華 堂・http://www.shunkado.co.jp/
     源氏パイ・http://www.kjps.net/user/naonosk/genji/
     御当地サブレ愛好会・http://www.musext.com/~evergreendays/

More

[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-09-13 20:52 | はてな
村野様は風雅でおじゃる
しばらく前に日産自動車が
「この秋から来春にかけて売り出す新型車を6車種一気に発表した」っていう
そんなニュースがありましたね

発売の第一弾、これはもうディーラーの店先でも見かけますが
『ムラーノ』という名前なんだそうです
「イタリアのベネチアングラスの産地の島の名前」が由来らしいのですが
これはやっぱり「村野さん」という人名に聞こえますよね
「ら」を「らー」って伸ばしたり
イタリアなんて予備知識が先入観になったりしまうもんだから
ラテン系の外国人が
「Oh! ミスター、ムラーノ!」って抱きついてきそうな気がします
日産には前にも「寺野さん」っていうクルマがありましたが
今度は全国の村野さん、あなたのクルマができました (^^)

で、そのあと発売するのが『フーガ』だとか
これはやっぱり「風雅」ですよね
実際、高級車という位置付けのクルマだそうですから納得です
ところで、このネーミングにはちょっと驚きました
というのも、ワタクシ、15年前に
「高級車に『フーガ』という名前をつけて売り出せばいい」と
言ったことがあるからです(『こないだ』1989年11月26日・通巻41号)
ま、あのときはホンダに出してもらいたかった
何故かというと、ホンダには『プレリュード』『バラード』『ジャズ』『タクト』
なんて音楽にちなんだ名前のクルマやバイクがあったから
音楽用語の「フーガ」と「風雅」を掛けたわけなんです

まぁ、こういう日本語のクルマのネーミングってのは
光岡自動車が得意なところで
『リョーガ(凌駕)』『ユーガ(優雅)』『ガリュー(我流)』なんて秀逸ですね
他のメーカーにも頑張ってもらいたいものです

さて、15年前の『こないだ』ではネーミングだけではなく色のことも言っていて
どうして日本語の色名を使わないのだと思ったものでした
当時乗っていたクルマが「サンドグレーメタリック」
今乗っているのが「チタニウムメタリック」
…聞いただけで色が思い浮かびますか?

漆黒」「真紅」はともかくとして
花浅葱(はなあさぎ)」「空五倍子色(うつぶしいろ)」など
日本の伝統的な色の名前も色が想像つかないけど
言葉として結構面白くって意外と斬新だという気がするのです


  参考サイト:
     日産自動車・http://www.nissan.co.jp/
     光岡自動車・http://www.mitsuoka-motor.com/
     色見本の館・http://www.color-guide.com/

More
[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-09-09 21:21 | 無題
夏の疲れが…
b0040498_1392082.jpg
朝、勤め先に向かう道路脇に
枯れかかった向日葵が立っていまして、ご覧のありさま

なんかこう、ものの見事に疲れきっているというか
ガックリとうなだれているわけです
(電柱に寄りかかっているかのような構図も効果を増している)
b0040498_13131046.jpg

そういえば、越後湯沢・ぽんしゅ館の奥にあった
酔っ払いマネキンに似ていますね
いずれにしても朝の雰囲気に似つかわしくなく
だからこそ印象的に目の中に飛び込んできたのですが
内心では
自分も仕事なんかに行かず、家で寝ていたいと
ちょっぴり思いながら仕事場に向かうのでした
[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-09-08 20:46 | 路上にて
国体の切手
最近は特に集めるということをしなくなったけど
もらった手紙に記念切手など
綺麗な絵柄のものが貼ってあると嬉しくなりますね

はがき用に50円切手のストックがほしくなり
そろそろ国体(国民体育大会)の記念切手が出るんじゃないかと
郵政公社のウェブを見て、その様変わりぶりにちょっと驚きました

まず「記念切手」としては発行されないのですね
埼玉県の「ふるさと切手」として発行されるんだそうです
(販売される郵便局が限定される)
発売日も、昔は秋季大会の開催に合わせたはずなんだけど
今回は9月10日ということで、夏季大会の開催前日
国体自体、二巡目に入って大騒ぎしなくなったような気がするけど
それに合わせたのか、切手も地味になったなぁというのが感想です

ところで、たいていの記念切手類は「封書料金」なのに
国体切手の額面は伝統的に「はがき料金」ですね
これは、全国から集まった選手・役員・観客が
故郷に絵葉書を出す、ということを想定しているんでしょうかね?

そういえば、国際文通週間の記念切手は
これまた伝統的に「国際郵便の封書料金」でした
今もそうなのかとウェブで探したら
地域別に3種類ある料金に併せて額面も3種類用意するという
きめ細かい対応をしているので感心しました
でも、文通とかペンパルなんて言葉、ほとんど死語だな
[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-09-07 22:11 | 無題
とりあえず始めてみるか
 え~っと、このウェブスペースというかウェブログは、割りと以前から確保していたのですね。でも、使い方が今ひとつよく判らないまま時が流れていたわけなんです。

 身辺雑記を書こうかと思うのでありますが、既にある『あのねノート』とどこが違うの? と訊かれたらどうしよう…まぁ、あちらは写真もふんだんに取り入れたりして、作る際にもそれなりに「気合い」というか当初のモチベーションを維持し続ける力が必要なんです。
 だからこっちは「ふと思ったこと」などを軽く一言書いてゆけばいいのかなと思ったりしていて、要するに日記サイトみたいな形で作ってゆけばいいのかな。

ただしがき
[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-09-05 09:23 | ウェブログ

 

Copyright © 漂泊舎 2004-2006 All rights reserved

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
RSS ブログリンク PC・ネット ウェブログ 音楽と周辺 路上にて 無題 イヌと暮らす はてな オピニオン 記念日 英文に翻訳します
これまでの記事
これより新しい記事は新URLにあります(古い記事も再掲してあります)

2006年
Jan Feb Mar
Apr May Jun
Jul Aug Sep
Oct Nov

2005年
Jan Feb Mar
Apr May Jun
Jul Aug Sep
Oct Nov Dec

2004年
      Sep
Oct Nov Dec



 
受信したトラックバック
小室等 こむろゆい Li..
from ういろー・ざ・わーるど
小室等 こむろゆい ライ..
from ういろー・ざ・わーるど
ミルクランドは何処にある?
from ういろー・ざ・わーるど
寸止め・2
from ういろー・ざ・わーるど
もう記事のネタに困らない..
from ネットビジネス関連お役立ち無..
告 知
from ういろー・ざ・わーるど
2006野反湖フィールド..
from ういろー・ざ・わーるど

XML | ATOM

skin by 漂泊舎
RSS feed meter for http://uiroh.exblog.jp