トップ
 

<   2004年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
「豚汁」は「ぶたじる」か?「とんじる」か?
『新潟県中越地震・豚汁千食の炊き出し』
というニュースの見出しを見て
頭の中で「ぶたじる」と読んだけど
きっとワタクシのツレアイは「とんじる」と読むのだろうな

結婚して間もない頃
彼女が「とんじる」と言っているのを聞いて
初めはワザと、ふざけて言っていると思ったのですね
だってワタクシは「ぶたじる」と読んで育ったから

ところが、彼女が本気で
あの豚肉・イモ・ニンジン・ゴボウ・その他具沢山の味噌汁のことを
「とんじる」と呼ぶものだと信じて疑わないのだ知ったとき
ワタクシは驚愕しましたねぇ
驚愕なんて言葉は滅多に使わないけど
このときは使っても惜しくないほどビックリした

 ♂:だって中華饅頭のことを「ぶたまん」と呼ぶではないか
 ♀:あれは「肉まん」でしょ。それよりも「トンカツ」って言うじゃない

数年後、パソコン通信の電子会議室で
(今の掲示板みたいなもの…当時の掲示板は
 主に「売ります」「買います」コーナーの事を指していた)

同じ議論がおきたことがあった
その時は「ぶたじる」派が劣勢だった
残念ながら、今住んでいる地域では
他に「ぶたじる」と呼ぶ人に出会ったことが無い

まぁ所変われば呼び名も変わることはよくある話で
これに類したことは他にもいろいろあると思うのだけど
この「豚汁」の呼び方だけは妙に気になって
いまだに他人が「とんじる」と呼ぶことに違和感を感じてしまう

ところで、中に入れるイモだが
ジャガイモ・サトイモ・サツマイモ
貴方はどれを入れますか?
[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-10-31 15:54 | はてな
ゆとり教育
b0040498_20421894.jpg

今朝、仕事場に向かっていたら
熊谷市内で小中学生が登校しているのを見かけた
「あれ、今日は土曜日だよね?」

どうやら来月開催される『全国障害者スポーツ大会』の関係で
学校が臨時休校になる日があるとかで
今日はその振替らしい

そういや国体でも臨時休校になるからって
2学期の始まりは9月1日ではなく
8月30日の月曜からだったようだ

授業がつぶれるから振替ってのは理屈じゃ解るけどね
こう何度もあると混乱しちゃうね
それよりも
1日や2日くらい休校になっても平気なくらい
ふだんの授業で吸収できないものかね
それくらい余裕があるのが「ゆとり教育」ってもんだろ

『ゆとり教育』というのは
ゆっくりと時間をかけて教えるのかと思ってたら
授業をしない時間に「ゆとり」を持たせることらしい

だから、教える内容に対して授業時間がギリギリになって
突然の行事や天候による予定変更を吸収する余裕がないのだろう

そんなことよりも
例えば、その子が理解するまで
一週間かけても一つの算数の問題に取り組むとか
学校に泊り込んでも理科の観察を続けるとか
それだけ時間をかけられることのほうが
よっぽど『ゆとり教育』だと思うんだが

『ゆとり教育』ですという名目で時間だけ減らしておいて
「えっ、今はこんなことも教えないの!」と内容を省略するのではなく
一つでいいから本格的なことを真剣に教えてみろよ
あとは子供が自分で学ぶから
[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-10-30 20:45 | オピニオン
今朝、朝食を食べながら...
ニュースを聞いていたら
バスの車内で子供を抱き上げ
床に落とそうとした男が逮捕されたとか

最初は酷いことをするやつがいるなぁと思ったのですが
その理由を聞いたら急に同情したくなってきました
「男児が車内の通路を走っていたことに腹を立てた」らしい
いや、共感を覚えたと言ってもいいですね

だって最近多いじゃないですか
乗り物や公共の場所で
勝手気ままに騒ぎまわっている子が
近くに親がいて、止めようともしない

たまりかねて注意すると
ようやく親が子供を押さえて
「ほら、オジちゃんに怒られるからやめなさい」

オジちゃんが怒るからやめるんじゃない!
やっちゃいけないからやめるんだ!

逮捕された男は
子供ではなく、親をバスの窓から放り出すべきだったと思うのです
[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-10-26 18:59 | オピニオン
人は忘れるから素晴らしい
昨日、家に帰ったら
いきなりムスメが訊いてきた
「お父さん、給食で嫌いなおかずは何だった?」
どうやら宿題で家の人に尋ねてこいと言われたらしい

「そうだねぇ…」
答えようとして、少し考え、そして言葉に詰まった
思い出せないのだ
ちゃんぽん、固焼きそば、エンゼルパイ…
好きだったものは次々脳裏に浮かんでくるのだけど
嫌いなものが思い出せない
無いはずがない
今でも好き嫌いが多いんだから
当時だって嫌いなものは出たはずなんだ

「ね、思い出せないでしょ」
ツレアイが同意を求めるように声をかける
どうやら彼女も同じ質問を受け
同じように答えられなかったらしい
「不思議よねぇ、好きなものしか覚えていない」

人間っていいね
厭なことは忘れてしまい
楽しい思い出だけが残るから
長い時間を生きてゆけるんだと思う

過ぎてしまえば、みな美しい…
誰かの歌にあったような気がする

昔ケンカ別れした友とも
いつか笑って再会できるだろう
災害で家を家を失っても
いつか家族の団欒は戻ってくるさ

…で、嫌いだった給食の話だが
一夜明けてようやく一つ思い出した
おかずではないけど、脱脂粉乳
あれは鼻をつまんで飲んでいた記憶がある

 ワタクシの年代では
 さすがに途中で牛乳になりました
 それと、小学校一年のとき転校して
 一時通っていた学校の脱脂粉乳は
 ビスケットみたいに香ばしい味がついていて
 それだけは美味しく飲めた記憶があります

[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-10-26 18:49 | オピニオン
「前のページ」を「新しい記事」に…再度修正
二つほど前の記事で紹介した方法は
見た目がゴッツイのと
文字や矢印が見えているのにアンカーが無いので誤解しやすい
という観点から自分でも不満だったのですが
めもにっきさんからアドバイスを得まして
というより、そのまんま流用しまして(^^ゞ
作り直しました
やっぱりこちらがスマートです
逆に文字が無い(見えない)ところにもアンカーがあるのですが
ニンゲンは見えているところにマウスを持ってゆくので
このほうが誤解は少ないでしょう

ということで当面このデザインで行きます
従って本日以降で初めて二つ前の記事を読んでも
何のことやら判らないということになりますので
そういった人はこちらも読んでください

本来のウェブサイトの更新もしなくてはならないのだけど
つい、気になってこちらに集中してしまいました

そういう性質(たち)なんだ、自分は…
[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-10-25 23:24 | ウェブログ
国体と天皇
というタイトルを書くと、なにやら民族派っぽく聞こえますが
ここで言う「国体」とは「国民体育大会」のことです
先週末の23日に秋季大会が始まったわけですね
かくいうワタクシ、こういったイベントにはトンと興味がなく
オリンピックのテレビ中継さえも
もう何回も前から見ていないのですが
(ジャネット・リンとかコマネチなんていう人を覚えている程度)
今年の国体は地元開催で、仕事場のある町がメイン会場になっており
そこいらじゅうに歓迎の旗や幟がひるがえっているもんだから
いやがおうにも意識せざるを得ないわけなんです

ワタクシの住む町も開催地の一つになっていて
近くの体育館が会場になったり
近所の公民館が選手の宿舎になっているわけなんですが
…どうも天皇が観戦に来たらしい
警備上の理由からか市役所の広報では「皇族」となってたけど
開会式の翌日にこの辺をウロウロしている皇族って
天皇しかいないと思うんですよ
ツレアイは「見てみたい」って言ったけど
国体ってどうやって観戦するんだ?
一般の人も見に行けるの? 入場料は?
試合ごとの入れ替え制なのかなぁ?
それにだいいち、天皇は何時に来るんだ?
今は沿道に並んで日の丸の小旗を振るということはしないのか?

そういえば、子供の頃こんなことがあったっけ…



ワタクシが小学校、5年か6年で
天皇はまだ皇太子だった
その皇太子が、当時住んでいた町にやってきたことがあった
きっと警察教育委員会町内会方面から
ルートや通過予定時刻の連絡があったのだろう
とにかくワタクシたち純真な小学生はテクテク歩いて行って
国道沿いに歓迎の隊列を作ったのだった
でもってワタクシたちが道路のこちら側にズラ~ッと並んで
反対側には近くの工場に勤めている女子工員さんたちがぞろぞろと出てきて
まぁ、あちらは小学校全校生徒には数では及ばず
ちょろっと並んでいたのだった
そうこうするうちに皇太子の乗ったクルマがやってきた
ワタクシたち純真な小学生は無邪気に手を振り
女子工員さんたちも
当時のことだから「ウッソー」とか「チョー素敵」などとは言わず
一所懸命手を振っていた

そしてワタクシは皇太子を見た

ガラス窓の向こうで小さく手を振り
歓迎に対する感謝の意を表す皇太子の顔は
ワタクシたち小学生ではなく、女子工員さんたちを見ていた
「ああ、やっぱり若い女の人がいいんだな…」

女子工員さんたちが道路の左側にいて、近かったということもある
皇太子にしても、小学生がずら~っと並んでいるところに
今度は反対側にも人の列が現れたので
あわてて愛想を振りまいたのかもしれない
でも…

今でも行幸の話題が出ると決まって
あの日の皇太子の横顔を思い出してしまう



昨日は結局、普通の日曜日を過ごしました
だって宮内庁国体のウェブサイトを見ても予定が載ってないし
自治会からの動員の連絡もなかったし

今朝、仕事場に向かう通りでは
先週にも増して歓迎の旗がひるがえっていましたが
ワタクシの気持ちの中では
なんだかもう国体は終わってしまったみたいです
[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-10-25 21:28 | 無題
「前のページ」を「新しい記事」に
表示を変更しようと小細工したのですが
いや、小細工ではなく強引なワザだったのかな
案の定、ブラウザを替えると表示がおかしくなりました
(Operaで確認)


ワタクシがやった方法というのは、
   背景画像に「新しい記事へ」という文字を入れておく
   「前のページへ」というリンクを透明で表示させる
   つまり、背景画像を見ながら透明の文字をクリックするわけです

ところが、当然と言えば当然なのですが
フィルタ機能に対応していないブラウザで見ると
透過表示ができないので文字が重なってしまうのですね

これじゃ読めない...

mitsu-kenさんからアドバイスしていただいた
visibility:hidden や display:none もダメでした

b0040498_11123953.gifさて、どうしよう...
ちょっとデザインがごっつくなったけど
当初自分が考えた方向をさらに発展させて
何とか力ずくで解消しました
(Operaでは、だけど)


まだ表示がおかしいというブラウザをお使いの人がいましたら
コメント欄からご一報ください
(たぶん、「我慢してください」としか言えないだろうけど)

[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-10-23 08:59 | ウェブログ
前のページ、次のページ
ブログやBBSにはつきものの表示ですが
どうも馴染まないですね~
あれ、どっちだっけ? と、いつもまごついてます

「次のページ」というのは最初にアクセスしたページから見て
「次」ということなんでしょうが
自分の感覚としては時系列にものを考えてしまうから
今見ているページより(内容が)新しいページのことだと思ってしまうんです

だから、最初にアクセスしたページは時系列的には「最後」のページだから
自分にとっては「次のページ」というのは存在しないはずなのですが
実際には時系列を遡るから「次のページ」というボタンは有効で
でも、この「次のページ」というのは
自分にとっては「前のページ」を意味していて…

ああ、解りにくい!!!

頭にきたので「新しい記事」「古い記事」というボタンを作りました
本来システム上、自動生成されるリンクなので
デフォルトの「次のページ」「前のページ」は省略できないのですが
文字を透過させることで見えなくしてしまいました
実を言うと「新しい記事」「古い記事」というのは
透明の文字の下にある背景画像なんです

  …IE限定のワザかな? ブラウザを替えると重なって見えるかも (^^ゞ

何においても自分流に改造しないと気が済まないため
ウェブログで何かを表現するというよりも
ウェブログそのものをいじくりまわすのに夢中になってしまいます
ああ、また今夜もこんな時刻になってしまった
[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-10-22 01:14 | ウェブログ
襲名
松たか子さんという女優がいるらしい
「らしい」という頼りない書き方をしたのは
自分が顔を知らないからなんですが
  テレビなんて、朝のニュースショーくらいしか見ないうえに
  芸能ニュースには興味がないし

この人が松本幸四郎さんの娘だと聞いて
腰を抜かすほど驚きました

「あの老人に、まだこんなに若い娘がいたのか!」

まぁ、上原謙さんの例もあることだし
…と思ったけど、なんか変ですね

で調べたら、勘違いに気がつきました
ワタクシが松本幸四郎さんだと思っている人は松本白鸚を名乗っていて
今の松本幸四郎って、ワインのコマーシャルやってた
市川染五郎さんだったのですね
…うん、これなら解る

理屈では解るんですけどね
それでもやっぱり「松本幸四郎」と聞いたら
先代の顔が真っ先に頭に浮かぶわけで
ワタクシにとっては
今の人は永遠に「市川染五郎」だろうなぁ

見方を変えれば、今、彼を「松本幸四郎」と認識している人は
次の「松本幸四郎」に対して
ワタクシ同様の違和感を抱くと思うのだけど、どうだろう?
それとも
歌舞伎や落語のファンはスパッと割り切って受け入ているのでしょうかね

襲名という制度は否定しないけどね
せめて「○代目」という表示は常時つけておいて欲しいなぁ

ちなみに、ワタクシが名前を聞いて
まず顔を思い浮かべる引田天功さん高橋竹山さんは、男性です
[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-10-21 00:29 | 無題
狼少年ケン
♪ボボンバボンボン、ボン、ボボンバババ…

朝、テレビのニュースショーを聞きながら新聞を読んでいると
懐かしいフレーズが耳に飛び込んできたので
思わずテレビの方を見てしまいました

画面は中南米の町らしいところを
若い男性が走る抜けてゆくもので
まもなく缶コーヒーのコマーシャルだと判ったのですが
(先日、新聞の経済欄で紹介されていた新製品だ)
あの音楽はまぎれもなく
子供の頃に見たテレビアニメ『狼少年ケン』の
主題歌のイントロ部分のスキャットでした

つい続けて歌詞の部分も歌いかけたのですが
残念、断片的にしか思い出せなかった

いやぁ、でも小学生になったばかりの頃だったと思うけど
この『狼少年ケン』『鉄道公安36号』を見るのが
日曜日の朝の楽しみだったような気がしますね
後者はふつう、子供が喜んで見るような番組ではなかったけど (^^ゞ

 東京のキー局では別の時間帯だったらしいのですが
 放送局の数が少ない地方なんかでは
 系列外の局が別の空いた時間に流すことがよくあったのですね
 田舎の人だって人気番組を見たいじゃないですか

朝からすっかり懐かしい気分になってしまいました
というのはさておき
よくぞ1960年代半ばのアニメソングを引っ張り出してきて
コマーシャルを作ってしまいますね
作った人間は何歳なんだろう?
同世代なんだろうか?

ときどき70年代フォークの名曲を使った
コマーシャルを聴いたりして
それはそれで懐かしさを感じるのですが
今回はそれとは異質の懐かしさを感じてしまいました
記憶を揺り動かす懐かしさではなく
潜在意識から噴き出してくる懐かしさ、とでも言いましょうか

それはそうと、肝心の商品である缶コーヒー
仕事場の自販機にあったので試しに飲んでみたら…
妙に甘すぎたりして好みのタイプではありませんでした
パッケージも派手で落ち着かないし
メーカーには申し訳ないけど
だぶん、もう二度と買わないだろうな

というわけで、この項おしまい
[PR]
by TodomatsuHouse | 2004-10-20 20:42 | 無題

 

Copyright © 漂泊舎 2004-2006 All rights reserved

RSS ブログリンク PC・ネット ウェブログ 音楽と周辺 路上にて 無題 イヌと暮らす はてな オピニオン 記念日 英文に翻訳します
これまでの記事
これより新しい記事は新URLにあります(古い記事も再掲してあります)

2006年
Jan Feb Mar
Apr May Jun
Jul Aug Sep
Oct Nov

2005年
Jan Feb Mar
Apr May Jun
Jul Aug Sep
Oct Nov Dec

2004年
      Sep
Oct Nov Dec



 
受信したトラックバック
小室等 こむろゆい Li..
from ういろー・ざ・わーるど
小室等 こむろゆい ライ..
from ういろー・ざ・わーるど
ミルクランドは何処にある?
from ういろー・ざ・わーるど
寸止め・2
from ういろー・ざ・わーるど
もう記事のネタに困らない..
from ネットビジネス関連お役立ち無..
告 知
from ういろー・ざ・わーるど
2006野反湖フィールド..
from ういろー・ざ・わーるど

XML | ATOM

skin by 漂泊舎
RSS feed meter for http://uiroh.exblog.jp