トップ
 

<   2005年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧
気長に待とう
一年ほど前にテレビで見て「あ、いいなぁ」と思ったシャツがあった
注文しようと思ったまま、延び延びになっていたのだが
いやぁ、ついCDやら買ったりとかしてたもんで
今日、ようやくFAXを送った

折り返し先方から電話が掛かってきて
「6ヶ月くらいかかりますが、いいですか?」

なんでも、ワタクシも見たそのテレビの放映後
どっと注文が殺到し
一年分のバックオーダーを抱えてしまったのだそうだ
「今出荷しているのが去年の6月頃の注文分なんです」

これからキャンプシーズンに入り
ちょうどよいワークシャツになりそうだったのだが
このぶんだと届くのはシーズンオフになりそうだ
ま、待っている間に極端に体型が変わることもないだろうから
気長に待つことにしよう

それまでにシャツの代金を使い込まないようにしなくては (^^ゞ
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-04-29 16:58 | 無題
飼い主入門
イヌを飼うということは、法令の規制を受けることでもあります

「飼い始めたら(子犬は生後3ヶ月になったら)30日以内に登録しなければならない」
「4月1日~6月30日の間に狂犬病の予防注射を受けなければならない」

これを受けて、市役所の広報によると
市内各会場で集合狂犬病予防注射を実施するそうです
併せてイヌの新規登録も受け付けるとのこと。一石二鳥ですね
ところが役所のやることですので、これがみ~んな平日
…と思ったら最終日だけが日曜日(24日)で、しかも会場が我が家の地区の公民館
これなら散歩のついでに歩いて行けると、予定していたのです

で、以下その時の様子を書き綴ろうかと思っていたのですが
すっかり予定が変わってしまいました

初めての予防注射なので(ペットショップでワクチン接種はしているけど)
体調チェックも兼ねて軽い健診をしてもらおうと
前日(23日)に近所の動物病院へサスケを連れて行ったのですよ
  ワタクシ自身は動物病院は初めてですが
  ここは前にもハムスターの皮膚病を見てもらったとかで
  それで例の苗字の入った診察券を作られたのでした
  ま、その時の印象で悪くない医者だという安心感があったらしいです


診察室に入って、雰囲気の違いに少しうろたえているサスケを診察台に載せます
診察台って、それがそのまま体重計になっているんですね
「12月生まれ? もう18kgもあるのか」
と先生、驚いたような声を出していながら
「ちょっと肉付きが悪いね。毛艶もない。食餌は2回? 4回に増やしなさい」
本なんかには餌やおやつを与え過ぎての肥満に注意、みたいなことばかりなので
先生の指示には、えっ、もっと食べさせるの? とビックリです
  そうでなくても、よく食べるなぁと思っているのだが

「散歩はどの辺? ○○山に連れて行ってる?」
「いえ、中学校の周りです」
「ああ、あそこはダニが多いからねぇ
 ○○山、中学校の周り、駅の北側の川沿いは、ダニの3大発生地だ」
「どうりで、何匹か体についていました」
「どれ、耳は綺麗かなぁ…うわぁ垢が溜まっているなぁ」

先生は指や綿棒を押し込んでサスケの耳垢をかき出します
まるで団子の餡子みたいにごっそりと出てきて
飼い主の至らなさが露呈されるようで赤面です
しかし、見ているとずいぶん乱暴に扱っているみたいだけど
あのやり方でいいんだね
どうも新米飼い主は、あんなことやったらイヌが壊れるんじゃないかと
つい力を入れることができないのです
それにサスケが嫌がって暴れ、触らせてくれない
「イヌは高いところに上げたら(不安で)おとなしくなるんだ」

「狂犬病の予防注射してゆく?」
「いや、どうせ登録も兼ねて明日行きますから」
「登録だったらウチでもできるよ」

おい、市役所、ちゃんと教えてくれよ
平日に仕事休んで届けを出しに行くのが面倒だから
集合予防注射の機会を待ってたんだぞ
動物病院でも代行してくれるんだったら
も少し早く来てもよかったんだ

サスケのためというよりも
飼い主が教わることの方が多かった検診でした
1,050円は授業料として安かったような気がします
  もちろんこれに登録手数料3,000円
  予防注射2,750円、済票交付手数料550円がかかるが
  これは翌日の集合会場に行っても同じ料金なので想定内

[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-04-26 23:52 | イヌと暮らす
漢語表記に於ける私的考察
この前の記事で
なぎら健壱さんの『日本フォーク私的大全』という書名を書いたときに
ふと思い出したことがあります

去年あたりから、かな
個人のウェブサイトやブログ、掲示板の書き込みなどを見ていると
やたら「私的」という言葉が目につきました
しかもそれが前後の文章の流れとは不似合いに堅い言葉に響くのです
へんだなぁ、他ではくだけた文章書いているのに
どうしてここだけ文語的になるんだろう?

あちこちのサイトでそういうことに遭遇するうちに
ようやく気がつきました

これは「してき」ではなく「わたしてき」と読むのだ、と

このブログでは、自分の一人称表現を「ワタクシ」と統一しています
「私」と書いたのでは「わたし」とも読めるし
たとえ「わたくし」と読んでいただいたとしても
わざと改まったフリをしているというニュアンスが伝わらないため
意識的に「ワタクシ」という表記をしているのですが

「わたしてき」の場合も「私的」ではなく「ワタシ的」と
表記して欲しいなぁ、いや、ワタクシだったらそう書きますよ

逆に言えば、今の人は
「この評論、どうしてここだけ『わたしてき』って
 若い子ぶった言葉使うんだろう?」
って感じるのかな?
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-04-24 15:53 | オピニオン
タカダワタル的だわね
高田渡トリビュート
歌を歌うのは好きだが、カラオケは大嫌いである
だが、宴席などで成り行き上どうしても歌う羽目になることがある
つい先日も、そういった事情で十数年ぶりにマイクを握った
これなら知ってるからと選んだ歌が『自転車に乗って』

一週間後、高田渡さんの訃報に接した

取り立ててファンということはないが、高田さんの歌は好きだった
激しい怒りや深い悲しみ
そういった感情を押し殺したのか乗り越えたのか
飄々とした歌いっぷりが好きだった

去年だったかな、地元の図書館で
『バーボン・ストリート・ブルース』を見つけて読み
高田さんの歌の奥底にあるものが少し判ったような気がした
…そんなことは加川良が30年以上も前に『下宿屋』で歌っていたのだが
ようやく自分の感覚として判った気がしたのだった

あたらめて思い出してみたら
高田さんがしゃべっているのを聞いたのは
 古くは『第4回フォークキャンプコンサート(1969)』の復刻CD
 最近では坂庭省悟さんのライブCD『この想い(1999)』でのゲスト出演
高田さんが動いている姿を見たのは
 もちろんナマでは一度もなく
 映画『タカダワタル的』の予告編をウェブで見ただけ
 本編はまだ見ていない
  近場でやってくれたらぜひ見たいのだが…
  先日、高崎映画祭での上映は、やっぱり行けなかった
  6月にDVDがでるそうなので、これを買うか


そういう意味では、歌でしか高田さんと接していないので
彼の歌が手元に残る限りは、ワタクシにとって
高田渡は永遠に現役なのである…新曲を聴くことはできないが

もう一度読み返そうと
さっき図書館に『バーボン・ストリート・ブルース』を借りに行ったら
以前は開架式の書棚にあって自由に手にとることができたのに
保管庫に移されて貸出不可になっていた


b0040498_23115771.jpg
一緒に借りてこようと思った
高田さんのエピソードが楽しく書かれている
なぎら健壱さんの『日本フォーク私的大全(文庫版)』も
一般の書棚から保管庫に移されて貸出不可
さいわい単行本の方が閉架書庫にあって
こちらは借りてくることができたので
しばし、高田さんのご冥福を祈ることも忘れて
抱腹絶倒のエピソードに腹をよじって笑おうと思う
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-04-24 13:34 | 音楽と周辺
敵は本能寺にあり、だったか
今日は土曜日
ワタクシの仕事場も「原則として月2回土曜日休み」のうちの1回なので
こうしてこんな時間に自宅のPCに向かっております
  途中で買い物に行ったからアップロードは遅くなったけど
  午後3時頃この部分を書いていたのです


でも、子供たちは登校日でした。そして午後は授業参観
サラリーマンはワタクシ同様に休日の人が多いだろうから確かに行きやすいですね
そういやワタクシなんかが子供の頃も日曜日に「父親参観日」なんてのがありました
  土曜日は子供や公務員は半ドンで、一般の勤め人はフルタイムだった
ウチの親父は来たっけなぁ? 思い出せません…照れて来なかったかな

でもまぁ今は昔に較べると有給休暇を気楽にとるようになったから
平日に参観日をやっても結構父親の出席率は良かったりします
それに最近では「フリー参観」と称して一週間くらい期間を取り
期間中いつでもどうぞ、なんていうやり方もあるので
正直言って、なにもわざわざ休日に登校させてまでと思わないでもない
逆に言えば家族で出かける予定が組めずに困った家庭だってあるかもしれません

もともと休日だったところに登校したのだから
振り替え休日があるのは昔の父親参観日と同じですね。週明けの月曜日?
と思ったら、これが2週間も先の5月6日なんだそうですよ
…え? ちょ、ちょっと待てよ

ゴールデンウィークの後半、子供たちは6連Qだぁ!

ひょっとして、こっちが狙いだったの? と言いたくもなるよね



今年のGW、ワタクシと子供たちの休日を並べてみたらこうなりました

  ワタクシ:29 30 1 2 3 4 5 6 7 8 
  子供たち:29 30 1 2 3 4 5 6 7 8 

…ううむ、いじけちゃうなぁ
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-04-23 19:13 | 無題
ゆとり○○
最近、新聞などで「ゆとり教育の見直し」というような記事をよく見かけます
かと思うと、今朝の見出しには「学力低下傾向に歯止め」というのがあり
(ニュースでは「下げ止まり」と辛らつな表現だった)
とにかく、「ゆとり教育」は子供の学力低下をもたらしたというのが定説のようです

ワタクシ、最初は「ゆとり教育」について
先を急がず、子供が理解するまでとことん教えることだと思っていました
今日は一日かかってもいいからこの公式の使い方を覚えようね、と

ところが、実際に子供が学校に行くようになってみると
教える内容を減らして先に進みやすくすることだと知りました
子供と話していて「えっ!? 今は○年生じゃそんなことは教えないの!?」
とビックリすることばかりなのです
しかも、総合学習など他の時間が増えたり、全体の授業時間が減ったりで
教える内容が減っても相変わらず先を急がなくてはこなせないのです

もちろん、このような制約の中で一所懸命に努力をして
子供たちに熱意と愛情を持って接してくださる先生を何人も存じ上げております
ですから、先生自身に不満は言いませんが(言いたくなる先生もいるけど、ね)
制度そのものに対しては何か疑問を感じてしまうのであります

教える内容が減るは、余暇時間が増えるは、では
「ゆとり教育」ではなく「ゆとり勤務」じゃぁないの?

そうなると小人数学級とかクラスに2人教員を配置するとかいうのも
少子化時代がもたらす教員余剰に備えての失業回避策に思えてしまうのは
ワタクシの考え過ぎでしょうか?
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-04-23 19:12 | オピニオン
これも誤変換?
ふと「そんなこと有馬線。」という題の記事が目に留まりました
いやどうも、タイトルのつけ方がうまいね

話の内容は、10年ほど前のMacで「~ありません。」とキーインして変換させると
「~有馬線。」という結果になったというもので
書いた人は、きっと有馬記念を連想したのでしょうね
「北海道辺りの路線なのか?それともプログラマーが馬好きだったのか?」
と感想を述べていたけど
ワタクシの連想は兵庫県の有馬温泉。なんだか阪急電車の路線にでもありそうだな
そう思ったのでした
  実際には阪急電車ではなく阪急バスで行くらしい

しかし、Macも可愛いトコあるやん (^^)

どうもワタクシ、Macというとハイパーカードやらスタックというのが理解できず
つい敬遠してしまうのですね
デザインは好きなんだけどなぁ…SE/30

それはそうと、この記事を読んで思い出したことがありました
それはまだワープロ専用機が全盛だった頃の話

突然ですが、長野県には御子柴(みこしば)という姓の人が多いそうです
で、今と較べると語彙の乏しいワープロでこれを一発変換できるのが
長野県に本社のあるエプソン製のワープロだけだという話を耳にしたのです
  つまり、ワープロも「地物」がいいよというオチ
当時ワタクシが使っていたワープロが、親会社の服部セイコーから売られていたもの
といってもいくつかの機能とボディカラーが違うだけで
エプソンの何とかという機種にソックリでありました
ならばというので試してみたら
やった、やりました!
周囲にあった他のワープロができなかった「御子柴」という変換を
確かにこいつは一発でやったのであった!

…と、よく見たら

「御子柴」ではなく「御子紫」になっていた (^^ゞ

きっとプログラマーがROM焼きするときに間違えたんだろうね
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-04-19 23:35 | 無題
八幡神社
b0040498_22313163.jpg

サスケを連れての日曜日の散歩は
時間に余裕もあるので
近所の八幡神社まで足を延ばしています

この町に住むようになって31年
途中、6年ほど市内の別の場所にいたけど
それ以外は何度か引越ししながらも
この神社から徒歩10分程度圏内に住んでいます

にもかかわらず
境内に足を踏み入れたのは先週が初めて
いや待てよ、子供の七五三のときに一度来たっけな
ただし、鳥居の前で記念写真撮っただけで
お参りもしないで帰ったので
境内に足を踏み入れたのは先週が初めて (^^ゞ
b0040498_2232813.jpg
  おかげで娘は七五三のことを
  「綺麗な服を着て写真を撮る行事」
  だと思い込んでいる


小さな神社です。地元の鎮守様って感じ
そんな神社には不釣合いな大きさの賽銭箱があって
コンクリート製で見るからに重そうです
昭和4年に奉納されたものらしい
当時はこの神社も参拝者が多かったのでしょうか
まぁとにかく、よからぬことを考えても
人間ひとりや二人では絶対に持ち上げられません
クレーン付きのトラックを
持ってこなくては駄目でしょうね

ま、後ろの蓋に錠がおりていないから
そんな大掛かりなことしなくてもいいみたい (^^)

ところで...
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-04-19 22:38 | 路上にて
ハウス増築
b0040498_21413096.jpg今年のゴールデンウィークは
もともと家で過ごす予定でした
我が家は年中どこかに遊びに行ってばかりいるので
たまには家にいて片付け物をしようではないか
昨年末の大掃除もサボったことだし...

突然イヌを飼うことになってしまい
ある意味、泊まりの予定を立ててなかったのは
ちょうど良かったかもしれません

しかし、その後どうせ遊びに行くだろう
GWはイヌ連れ旅の準備で過ごすことに
なりそうな気配です

近所の買い物や半日程度のドライブなら
シートをうまくアレンジして乗せてもいいが
泊まり旅では人やイヌの安全のためにも
きちんとした乗せ方をするべきでしょう
ましてキャンプは道具を満載して行くので
今までもシートは人間の分しか確保できないのです

やはりバリケンネル(商品名)に代表される
しっかりした作りのキャリーを買うことにしました
ペットシャトルというのが良くできているなぁ
と思ったけど、結構値段が高いので躊躇していたら
ホームセンターの広告で
エアトラベルキャリーというのが出ていたので
週末の土曜日に行って買ってきました

…し、しかし、デカイ!

3列目シートを左右にはねあげてできた幅の
およそ3分の2は占有されます
キャンプ用のイス4脚置けるかな...
テーブルは別の載せかたを考えなくてはならないだろうな
ま、プラス思考で考えると
中途半端に床を占有されて周りに何を置こうかと考えるよりも
デンと置いてしまった方が上に大きな物を載せられるから
その方が3次元パズルが楽かもしれない

もちろん、こんな大きな物を
お出かけのときしか使わないのはもったいないので
家の中でハウスとしても使うことにします
b0040498_21415167.jpg

これでハウスが寝室になり
今までのケージがリビングとトイレ
サスケにとっても判りやすくって安心できるでしょう
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-04-19 21:49 | イヌと暮らす
もうすぐGW
数日前の新聞に出ていたけど
今年のゴールデンウィーク、民間企業の平均は6.3連休なのだそうだ

そんな会社はどうやって仕事の段取りを付けているのか?

「510(ゴトー)日」「510(ゴト)払い」など
毎月5のつく日や10日20日月末などを支払い日に当てている会社が多い
源泉税の納付期限も毎月10日になっていて
前の月に払った社員の給料や税理士の報酬などから差し引いた源泉税を
まとめて国庫に収めるのが10日なのである

で、こういうのって件数がまとまるから
最近は銀行も「当日ではなく、3営業日前までに持ってきてくれ」と言う
(つまり支店の人数が少ないので為替センターみたいなところに押し付けるのだ)

今年のGWの場合
5月10日の3営業日前というと、5月2日なのである
パソコンなどを使って振込みを頼むと前日の夕方でもいい銀行も多いが
例えば業者への支払いが何100件とあると、入力だって大変だ
それ以前に請求書をチェックする作業だってある

月末から10日にかけての期間に連休が入ると
その前後は超ハードスケジュールになる

ま、それでも何とかこなせるから
ニンゲン、土壇場になれば怖いものナシなんだね



ちなみに
ワタクシの勤め先における今年のGWの休日は
4/29 5/1,3,4,5,7,8

ふだん休日は新聞も読まず
去年の夏休みはオリンピックが始まったことも知らなかったが
今度は適当に谷間の出勤日があるから
浦島太郎にはならないと思う
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-04-16 08:51 | 無題

 

Copyright © 漂泊舎 2004-2006 All rights reserved

RSS ブログリンク PC・ネット ウェブログ 音楽と周辺 路上にて 無題 イヌと暮らす はてな オピニオン 記念日 英文に翻訳します
これまでの記事
これより新しい記事は新URLにあります(古い記事も再掲してあります)

2006年
Jan Feb Mar
Apr May Jun
Jul Aug Sep
Oct Nov

2005年
Jan Feb Mar
Apr May Jun
Jul Aug Sep
Oct Nov Dec

2004年
      Sep
Oct Nov Dec



 
受信したトラックバック
小室等 こむろゆい Li..
from ういろー・ざ・わーるど
小室等 こむろゆい ライ..
from ういろー・ざ・わーるど
ミルクランドは何処にある?
from ういろー・ざ・わーるど
寸止め・2
from ういろー・ざ・わーるど
もう記事のネタに困らない..
from ネットビジネス関連お役立ち無..
告 知
from ういろー・ざ・わーるど
2006野反湖フィールド..
from ういろー・ざ・わーるど

XML | ATOM

skin by 漂泊舎
RSS feed meter for http://uiroh.exblog.jp