トップ
 

<   2005年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
風のアンソロジー【大地】

風になろうよA(南修治)

 大地というテーマになると、どうしても南サンと笠木サンの歌が多くなってしまうのだけど、そこを何とか集めてみました。まぁ聞いてみてください。

Little House On The Prairie(中西俊博)

このアンソロジーでは珍しい演奏のみインストロメント。バイオリンも、こういうふうに弾くと感じがいいねぇ。

わたしの亜麻畑(芸能山城組)

 ロシア民謡なんだそうだ。この合唱団は、世界中どこの民族音楽でも「百年も前から歌っている」ように歌いこなしてしまうのが物凄い。そのうち現地に歌唱指導に行くようになるんじゃないか。

我が大地のうた(フォークス、●●●●、▲▲▲▲、まつお)

 本当はナターシャー&我夢土下座カムトゲザのレコードを使うつもりだったのだが、編者ワタクシのわがままで野反湖のテープを使ってしまった。なんせ我々もいっしょになって歌ったその脇にマイクがあるものだから…ひとこと弁解しておけば、笠木サンは歌詞を少し変えて歌っているぞ。ボクが間違えたんじゃない。

Sunshine on My Shoulders(John Denver)

 どこかのジーンズのCMでこの歌を使ったことがあったっけなぁ。いくら好きな歌でもボクはリーバイしか穿かないからね。誘惑には負け…ないと思うよ。

This Land Is Your Land(Peter, Paul & Mary)

 持ち味の違いかなぁ。ナターシャーが日本語で歌うのもスケールの大きさを感じさせるが、PPMのは軽やかだ。なぎらけんいちの「汽車が見えたら」は曲だけ使って歌詞はまったく別のもの、坂庭サンがバンジョーとコーラスで参加していたっけ。

申し訳ないが気分がいい(岡林信康)

 一時アゴをケガしてカミソリがあてられずに髭を伸ばしたことがあった。そのとき山に登ってしみじみこの歌の真実を知った、というのが『こないだ』26号の表紙と巻頭言の意味なのです。(註:『こないだ』とは、当時友人たちに宛てて出してした個人通信冊子のタイトル。なお、ワタクシは1998年正月より再び髭を伸ばしているが、登山とは縁がなくなっている)

野茨と鳩(フォークス)

 山の上で風に吹かれてこの歌を聞く…これが北原白秋がこの歌に託した「平和な時代」なのだろうか。

丘の上の校舎(ザ・ナターシャーセブン、我夢土下座)

 これまで旅先で見た古い校舎を、この歌を聞きながらいくつもいくつも思い出すことができる。でも、もう建て替えられたかなぁ。

北の国からのテーマ(さだまさし)

 今年のGWに■■サンはバイクにビデオカメラを取り付けて北海道を走り回った。ビデオを見ていると、自分自身がバイクになったようだ…疲れた。

大空と大地の中で(松山千春)

 普通テレビのCMは15秒とか30秒です。この歌を丸々ノーカットで使ったホクレンのCMはそれ自体がひとつの番組だった。

大地にスコップを(南修治)

 誰か仲間の結婚式でこの歌を使えないかなあと考えている。ただ、ボクが歌ってはいけないということはハッキリしている…南サンの歌で、最も好きな一曲。

風になろうよB(南修治)

 というわけで、この長い長いメモのような文章もようやく終わりだ。今が秋というせいでもあるが、目下一番風を感じる場面はやはりすすきの原だと思う。


 ひとりで部屋にこもってテープを編集するだけでもバカだと思うのだが、わざわざ解説まで書いて、それを他人ひとに送りつけてしまうなんてますますバカだ…毎年秋になると、やることが陰にこもってしまう。



それをさらに暑苦しい晩にブログに書き写すなんて、さらに阿呆ですなぁ
これを書いてさらに16年、その後知った歌やミュージシャンも多いけど
あんまり変わってないなぁという気がします

なお、作成したテープを聞きながら読まないと意味不明な点もあるのですが
著作権上の理由により
テープをお分けすることはできません
あしからずご諒承ください
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-06-30 01:34 | 音楽と周辺
風のアンソロジー【大空】

The Eagle and the Hawk(John Denver)

 空といえば鳥、という単純な発想ですが、この歌は聴いた後スカッとします。

一羽の鷹(柳ジョージとレイニーウッド)

 レイニーウッドはバックのコーラスが素敵だ。だもんで、ソロになってからの柳ジョージさんはちっとも聞いたことがない。

サシバよ渡れ(フォークス)

 鷹の歌三連発で、どれもこれも高らかに歌い上げるものだから、聞いていて疲れたでしょう、スミマセン。この歌の録音おとが悪いのは、野外コンサートの客席で録音したものだからです。もひとつスミマセン。

翼をください(赤い鳥)

 ボクが持っているレコードはなぜか歌詞が英語になっていて内容も違っているので、かつて友人のレコードから録音させてもらった古いテープを探しだしてきた。これを聞くと条件反射でグリコのポッキーチョコが食べたくなってしまう。

空よ(トワ・エ・モア)

 素人アマチュアが作った歌に専門家が編曲アレンジして、その歌のイメージに合った歌手を連れてきて歌わせてみる…考えてみればNHKの「あなたのメロディ」はぜいたくな番組であった。

初恋の丘(由紀さおり)

 東芝EMIから北山修サンが作詞した歌のアンソロジーが出たことがあったけど、それには収められていなかった。同じ東芝の歌手なのにねえ。

たたずめば空(フォークス)

 フォークスはレコードを出していないので、ここに収めた彼等の歌はすべて86年の野反湖フィールドフォークコンサートからの録音からです。前にも書いたけど客席にマイクを立てて録音したものなので●●●●(註:同行した友人の名前)のノイズが目立つけど。ま、野外コンサートの雰囲気は出てるな…それにしてもコンサートをBGMにソーセージを焼いてビールを飲むのは気分がいいよ。

ボクは風(五つの赤い風船)

 前がライブだったので、風船の「見おさめコンサート」のライブレコードを使おうかと思ったけど、雰囲気が少し重かったのでオリジナルを使いました。

人力ヒコーキのバラード(杉田二郎)

 ●●●●(註:前述の友人の名前)によると、コンサートで二郎サンがこれを歌うと客席からたくさんのビラヒコーキが飛ばされるんだそうな。で、このゴミをちゃんと拾って帰るのが宵々山コンサートの客の素晴らしさだそうだ。

小鳥(五木ひろし)

 おもわずゲゲッ!?っという歌手の登場ですが、ボクはこの歌が好きなんです。「日本沈没」というテレビ番組の挿入歌でした。主題歌のほうはあまり面白くなかった。

空-翼を広げて(松山千春)

 彼は無理して都会的な歌を歌うより、土の匂いのする歌を歌うほうがいい。絶対にいい。

Leaving, On A Jet Plane(Peter, Paul & Mary)

 ジョン・デンバーが有名になったとき「この歌の作者だったのか」と言われました。彼も意外と古いんだな。

出発たびだちの歌(上條恒彦、六文銭)

 このアンソロジーで唯一、小室等サンの声が聞こえる…かな。売れない歌手の上條サンと無名のグループ六文銭は、この歌の大ヒットで、上條恒彦率いるところの六文銭として日本中に誤解されたのでした。
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-06-30 01:32 | 音楽と周辺
風のアンソロジー【旅】

荒野より(海援隊)

 サードアルバム「風雲篇」のテーマ曲です。その後、ライブレコードで何回かこの歌が収められましたが、そちらではコーラスの低音部分を主旋律として歌うようになりました。

風が何かを…(五つの赤い風船)

 最近リバイバルというかリニューアルというか、昔の歌やテレビ番組がどんどん復活してきているが、風船はまだ再評価されていないのが残念だ…YHに行けばいまだに「遠い世界に」をやってるか。

今、風の中(ザ・ナターシャーセブン)

 その昔ともやサンが「受験生ブルース」で、来年はきっと歌ってるだろう予備校のブルースを、と歌ったのを覚えていますか。これはなんと「テレビ予備校」の主題歌なのです。

だれかが風の中で(上條恒彦)

 次は「木枯らし紋次郎」の主題歌。しかしまあ小室サンはよくもこんな難しいメロディを作るもんだ。

田舎道の歌(海援隊)

 旅先で、青空の下に伸びる道を歩きながら、ボクはあなたに送る絵ハガキの文面を考えています。

道づれは南風(ザ・ナターシャーセブン)

 これは九州自然歩道のテーマソング。ボクは首都圏自然歩道を歩きながらこの歌を口ずさみました。このとき頭の中で考えていたのはあなたへの絵葉書ではなくWALKの原稿でした…。(註:当時ワタクシは『WALK』という雑誌のレポーターとして寄稿していた)

風(北山修)

 当然このアンソロジーに収められるだろうと、誰もが思う曲。シューベルツのオリジナルはもちろん、高石ともや、森山良子というのもあったのですが、ここは作詞者に敬意を表して。

Take Me Home, Countory Road(John Denver)

 彼の名前を聞くと、やっぱりまずこの歌を思い浮かべる。

Blowin' in the Wind(Peter, Paul & Mary)

 今回このテープを作るのにレコードをいろいろ引っ張り出してみて、ともやサンが日本語で歌っているのを持っていることに気づいた。でも、このレコードは3年ほど前に中古屋で買ってから一度も聞いていないのです。

人はみな旅人なのさ(ボニージャックス)

 第何回目かのユースラリーのテーマソングでした(ちなみに第13回-1978京都-はナターシャーの「街」だった)。さとう宗幸サンのファーストアルバムにも収められていると思ったのだけど、そのレコードは持ってなかった。

吟遊詩人[マイスタージンガー](イルカ)

 彼女の歌も好きなんだけど、このアンソロジーにとなると、意外にいい曲が見つからなかった。

風だけが激しく(海援隊)

 「荒野より」と同じ歌です。後テーマにふさわしいアレンジになっています。
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-06-30 01:30 | 音楽と周辺
風のアンソロジー【若葉】

春を待つ少女(ザ・ナターシャーセブン)

 107ソングブックに収められている木田たかすけサンのではなく、ちょっと派手めの大村雅朗サンのアレンジで。宵々山コンサートでともやサンと嘉門達夫が歌っているのもあるけど、あれは使いたくはなかったナ。

Annie's Song(John Denver)

 日本では「緑の風のアニー」というタイトルでヒットした曲。爽やかな甘さが好きです。

恋は風に乗って(五つの赤い風船)

 高校の頃、ラジオのリクエスト番組で5月にちなんだ歌の特集をやったときに知った曲。

風がはこぶもの(本田路津子)

 この人のレコードで聞くと、次に「秋でもないのに」が続くから、つい秋のイメージだったのだけど、単独で聞くと春を感じる。

ちょっとだけ恋人(ザ・ナターシャーセブン)

 なるべくいろんな歌手の歌を入れようと思っていたのだけど、このテーマだとついナターシャーが多くなってしまった。次の曲も同じLPからとったものだけど、順序を替えてみました。

グッディ・グッドラック(ザ・ナターシャーセブン)

 いかにも小室等サンらしい曲。このアンソロジーでは小室サンの曲はいくつかあるのだけど、彼自身がソロで歌っているのがひとつもなかった。好きなんだけどなあ。

君よそよ風になれ(ザ・ナターシャーセブン)

 ジョギングの歌です。このテーマだと「孤独のマラソンランナー」という名曲があるわけですが、この歌は自切俳人が歌っているのがサイコー。ただし、彼が歌うと迷歌になりますが…。

風の歌(松山千春)

 ファンタのCMソングです。だから初めの15秒だけが有名な曲です。

Lovin' on the Side(Pauiett Carlson)

「永遠の絆2」の中に入っていた歌。歌詞の内容は判らないのだけど、聞いていて気分が良かった。

リンゴの花の下で(トワ・エ・モア)

 シングルでは「地球は回るよ」のB面だった。そのときパッとヒットするA面より、B面の歌のほうが後で聞いても心にしみるような気がします。そういや。「およげタイヤキくん」のB面だった「いっぽんでもニンジン」は今でもポンキッキでたまにやってるぞ。(註:もともとは「いっぽんでもニンジン」がA面として発売されたのが、「タイヤキくん」の方が人気があったので逆にしたらしい)

潮風のメロディ(南沙織)

 このアンソロジーではフォーク以外の歌も取り上げるのです。まあ、ボクがレコードを持っている範囲において、だけどね。

That Was The Last On My Mind(Doc Watoson)

 あなたは黙って去っていってしまった、という内容の歌なんだけど、どうせ英語の歌詞が判らないからメロディの美しさを味わっています。

Gの祈り(岡林信康)

 フォークの神様と呼ばれることに疲れた男が一時雲隠れして、その後好きな歌を好きなように歌い始めました。この歌の頃には都会的な爽やかさがありました。ところで、この歌はTV「服部半蔵・影の軍団」の主題歌です。

First of May(The Bee Gees)

 さて、第1部のラストです。ビージーズの歌を効果的に使った映画「小さな恋のメロディ」の一シーンを思い出しながらこの歌を持ってきました。
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-06-30 01:28 | 音楽と周辺
風のアンソロジー【序】

風が好きです
風に吹かれて歩くのが好きです

海援隊の歌が好きなのも
中島潔さんの絵が好きなのも
そこに風が吹いているから

愛車に風2号と名づけてサンルーフを開いて走るのも
広いところで凧あげをしたくなるのも
ボクが風を好きだから

風が好きです
風に吹かれて歩くのが好きです



1989年の秋に書いた、詩のようなものです
これを書いたときに何気なく
「風にちなんだ歌でも集めてテープでも作ってみようかな」
そんなことをつぶやいて、つい、その気になってしまい
自分が持っているレコードやテープの中から選曲したものを
作ってしまったのでした

あれこれ欲張っているうちに曲数が膨れ上がり
「風」をテーマにしたものの
さらに細分化して4部構成となり
90分テープ2本の大作となってしまいました

ミュージック・バトンで「自分の思い入れのある曲を5曲」と訊かれ
うまく答えられなかったからというわけではないのですが
この『風のアンソロジー』について、書き残しておきたくなりました

1989年の11月、当時友人たちに送っていた個人通信に書いたものを
そのまま再掲載します
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-06-30 01:26 | 音楽と周辺
バトンが世間並みにウチにもやってきた
今週は、帰宅してもPCのスイッチを入れる気が起きずに
自分のブログのメンテもほったらかしにしていたのですが
(メールチェックは昼間別のPCでやってます)
気がついたら、雀屋さんから、最近流行のアレが来ていました

日頃覗き見している幾人かのブログでも書かれていたので
まぁ大体のところは知っていたのですが
ネットの交友関係があまりないワタクシの所にも
ちゃんと来るんだね、ミュージック・バトンってやつが

Q1 コンピューターに入っている音楽ファイルの容量
Q2 今聴いている曲
Q3 最後に買ったCD 
Q4 よく聴く又は特別な思い入れのある曲5曲
Q5 バトンを渡す5人


Q1 コンピューターに入っている音楽ファイルの容量

あちこち分散してるからねぇ...どうやって調べるのよ?
で、よく考えたら同じ曲でも WAV と MP3 じゃ
ファイルサイズが違いすぎるし
MP3だって、ビットレートが違えばサイズが違う
何が言いたいのかってぇと
以前、LPレコードをCD化していたときは
一旦HDD内にWAVファイルでLPの音を取り込んでいたので
レコード数枚分を溜め込んじゃうとHDDが一杯になったのです
ところが、今はPCをジュークボックス化しつつあるので
CDからビットレートを56kbpsという、かなり低音質で詰め込んでいるのです
(これでもPCのスピーカーやMP3プレーヤーで歩きながら聴く分には充分)
つまり、単純にファイルサイズと保存した曲数は比例していないってこと
それに、ワタクシのPCは全体のHDD容量が小さいので
音楽ファイルのためだけにスペースを割けない事情もあるんだよね
(LANでつながったリビングルームのPCにも転送してあったりする)
というわけでこの質問は甚だナンセンスだと思うのであります
  ・・・屁理屈ばっかりで結局答えないなんて、自分の性格がモロに出てるなぁ

Q2 今聴いている曲

聴いてません (^^ゞ
この部屋の中で音楽を再生できる機器はPCだけなのだけど
(自分で楽器を演奏すれば話は別だが)
PCのスペックが低いので、否、最近のソフトが重いので
同時にいろんなことができないのです

Q3 最後に買ったCD

一番最近買ったのが『飲・食・住』
フォークやカントリー好きのワタクシですが
そして及川恒平さんのCDを立て続けに買っていたのに
たまたま一番最近買ったのがブルースっていうのは
バトンが回ってきたタイミングの妙なのでしょうねぇ

Q4 よく聴く又は特別な思い入れのある曲5曲

5曲と限定されてもなぁ...
ま、ミュージシャンで、と質問をすりかえれば
まず小室等さんは入れないといかんでしょうなぁ…『無題』がベスト曲ね
坂庭省悟さんも入れたいですね…一時遠ざかっていたけど、また聴きたくなって
そう思った矢先にお亡くなりになったのがなんとも残念です
五つの赤い風船も好きだねぇ
なんて書くと歳が判ると言われそうだけど
実際によく聞くようになったのは彼らが解散してからだからね
S&Gやビートルズも、自分がよく聴くようになったときは解散していた
現役で聴いて夢中になっていたのが海援隊ですね
彼らの歌によく出てくる「荒野」とか「風」という言葉が好きだった
シュトルム・ウント・ドランク…疾風怒濤の青春時代です
でも、不思議なことにソロで活躍している武田鉄矢さんはあまり好きではない
あくまでも武田・中牟田・千葉の海援隊が好きなのだ

で、最近、詞が気になっているのが北山修さん
これについては別に書きたいな

Q5 バトンを渡す5人

ごめん、心当たりがないんだよ
上にも書いたようにブログの交友関係はあまり広い方ではないし
まだ「不幸の手紙」はもらったことはないけど
チェーンメールや、仲間内を渡り歩いたバンジョーなど
自分のところで止めてしまうのが得意なので
たぶんここから先へは延びてゆかないと思う



てなわけで長々と書いてみたけど
ある意味、いかにも自分らしいと感じますなぁ
ただ、カーステレオでCDを聴いていると
ツレアイにはよく「アナタの音楽の趣味がよく判らない」と言われます
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-06-29 22:22 | 音楽と周辺
本日発売『タカダワタル的』DVD
b0040498_22231710.jpg

来ました 来ました DVDが

さっそく再生…といきたいけど
来月、わが町での上映が決まったのである
それまで見ずに我慢しようかな

    4月の高崎映画祭での上映を見に行かなかったので
    この映画は未見のままなのだ

…でも、本編は我慢しても
「映像特典110分」くらいは見ようかな



実はワタクシ
欲しいものを手に入れると
それだけで満足してしまう傾向があり
買ったまま一度も使っていないものが
部屋の中にゴロゴロしているのだ
レコード、CD、本、キャンプ道具…
テレビを留守録したまま見てないビデオテープも50本くらいある
(しかもベータ。再生するデッキが壊れて久しい)

今夜ここで我慢すると
永久に封印してしまいそうな気がする (^^ゞ



それにしても本編が65分の映画で
オマケが110分とは…

ビニールパックの上に貼られた
「追悼・高田渡」のシールが悲しい
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-06-24 22:24 | 音楽と周辺
初めて撮ったものは...
ワタクシが初めて手にした一眼レフのカメラは、キヤノンの『FTb』でした
買ったのではなく、友人から借りてきたものですけどね

一番最初にやったことは
レンズを外してみること…だって、これまで使ったカメラは
壊れたのでもない限りレンズは外せなかったのだから

そしてマウント面にボール紙をあてて…

一眼レフを使って最初に撮った写真は
ピンホール写真でした (^^ゞ

やっぱり変わり者なのかな



このところカメラにハマッているというtallylampさんのブログを見ていて
ふと、思い出した出来事です
あのとき、窓の外の景色を撮ったのだと思うけど、手元に残ってないな

ところで、
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-06-24 22:13 | 無題
ファンタスティック!
先週末、土日を費やしてクルマいじりをしていました

その前の日曜日にも少し下ごしらえをしていたから
土曜日の半日で終るかなぁと思っていたのですが
どっこい、そうは問屋が卸さず
結局2日かかってしまったのですね
さらにちょっとしたトラブルもあって
最終的には今日も半日ばかり仕上げの作業を...

LEDを使っていくつか「お工作」をしていたのですが
その中のひとつ
ドリンクホルダーに青色LEDを仕込みました
ペットボトルに入ったドリンクを入れると、この通りです
b0040498_2221614.jpg

これが見たくって、仕事帰りについ買ってしまいそうだな
ワタクシはふだん水分を取らなさ過ぎるから
それは良いことかも知れないが
帰宅してからのビールがいささか不味くなりそうだ

それはともかくとして
この美しさには惚れ惚れしております

        詳しくはこちらをごらんください

そういえば
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-06-19 22:24 | 無題
図書券の余禄
数日前のニュースだったかな
日本図書普及株式会社
図書券を廃止して図書カード一本にするそうですね

図書券ってのは良いよね
近所の子供の入学祝とか、ちょっとしたお礼などでb0040498_22545711.jpg
現金あげるのは失礼だって時なんかに
ちょうどいい金券だからね

イメージ的に
レコード券なんかだと「遊び」的だけど
図書券だったら「真面目」っぽいしね

まぁ、こちらから他人に贈るぶんには
図書券が図書カードに代わっても関係ないが
モンダイなのは自分が使う立場に立ったときなのだ

アンケートの謝礼とか粗品などで時々もらうことがあるのだけど
図書券はお釣りが出るのが嬉しいのですね
約款の上ではお釣りを出さなくてもよいらしいのだが
たいていの大手・中堅書店では独自のサービスでお釣りを出してくれる

    高額本を買った人が使ったことにするとかで
    一日の売上全体で捉えるのだろう

ささいなことだが、これが嬉しい (^^)

戴き物の図書券で雑誌を買って、お釣りで現金がもらえるのですよ
缶コーヒーが買えちゃうじゃない
いや、500円券2枚使って600円くらいの本を買ったら
ちょっとしたランチが食べられるじゃないですか

プリペイドカードになったら使った分だけが減算されてゆき
ささやかな楽しみがなくなってしまうのですね

嗚呼、世の中はますます味気なくなってしまう
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-06-18 22:56 | 無題

 

Copyright © 漂泊舎 2004-2006 All rights reserved

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
RSS ブログリンク PC・ネット ウェブログ 音楽と周辺 路上にて 無題 イヌと暮らす はてな オピニオン 記念日 英文に翻訳します
これまでの記事
これより新しい記事は新URLにあります(古い記事も再掲してあります)

2006年
Jan Feb Mar
Apr May Jun
Jul Aug Sep
Oct Nov

2005年
Jan Feb Mar
Apr May Jun
Jul Aug Sep
Oct Nov Dec

2004年
      Sep
Oct Nov Dec



 
受信したトラックバック
小室等 こむろゆい Li..
from ういろー・ざ・わーるど
小室等 こむろゆい ライ..
from ういろー・ざ・わーるど
ミルクランドは何処にある?
from ういろー・ざ・わーるど
寸止め・2
from ういろー・ざ・わーるど
もう記事のネタに困らない..
from ネットビジネス関連お役立ち無..
告 知
from ういろー・ざ・わーるど
2006野反湖フィールド..
from ういろー・ざ・わーるど

XML | ATOM

skin by 漂泊舎
RSS feed meter for http://uiroh.exblog.jp