トップ
 

<   2005年 10月 ( 51 )   > この月の画像一覧
今日は『ハロウィン』
b0040498_04848.jpg

…なのだそうです

ひところペーパークラフトに凝っていた時期がありました
まったくインターネットは便利なもので
無料で型紙を公開している個人や企業があちこちにあり
さらにはリンク集のサイトもあって、けっこう楽しめるのです

やっぱり自動車や鉄道関係のサイトが多いですね
ワタクシは路面電車が好きでした
列車だと編成を作らなければ格好がつかないけど
路面電車は一両で完結するから、飽きずに済むのです (^^ゞ

自分も最初はそうだったのですが
お勧めは『ヤマハ発動機』のサイトかなぁ
難度の高いバイクから、初心者向きのまでいろいろ揃ってますし
解説も判りやすいです

『シーズン』というシリーズは四季折々の風物を取り上げていて
「門松」なんかは机上やクルマのマスコットにもしたのですが
ここに「ハロウィン」というのがありました



ハロウィンって、もはや日本の歳時記に載ってるのでしょうかね?
数日前の新聞にも「かなり定着した」みたいな記事が出ていましたけど

まぁ、たしかに街を歩けば全体にオレンジ色ずんで見えますけど
それって商業ベースでお店が張り切っているだけみたいですしねぇ
個人のレベルではどうなんでしょ?
…と思っていたら、娘が「お友達の家でハロウィンパーティがある」って
「仮装でもするのか?」「ううん、それは恥ずい」
  「うざい」「きもい」「はずい」…最近の言葉ときたら
  オジサンには着いて行けない

なるほど、そこそこ定着してきているのかなぁ

本来「ハロウィン」はイギリスやアイルランドに住んでいたケルト人のお祭りで、諸聖人の祝日の前夜(10月31日)に秋の収穫を祝い、精霊たちを鎮め、悪霊を追い出すための儀式が起源とされています。 現代では子供たちのお祭りとしての様相が強く、カボチャのちようちん「ジャック・オ・ランタン」などを飾り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近所の家々を巡り歩いてお菓子をもらう、楽しいお祭りとして世界に知られています。


あ、こういう風に説明されると受け入れられそうな気がするな
なんだか日本にだってどこかの地方にこんな風習がありそうじゃないですか
「十日夜(とおかんや)のわら鉄砲、夕飯食ってぶっ叩け」なんてね
そういやどっかのコラムで「西洋のお盆」と説明してあったのも見たけど
などほど、お盆ねぇ...



ペーパークラフト用に買った厚手のプリンター用紙がまだ残っていたので
ひさしぶりに「ジャック・オ・ランタン」を作ってみました
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-10-31 00:06 | 記念日
対談記事
この前の記事で『いい旅・夢気分』のことを書いていて思い出したのですが
  あ、あの番組がそうだと言っているわけではありませんので
ワタクシの勤め先に数年に一度くらいの割合で変わった電話がかかってきます

聞いたこともない出版社や雑誌の名前だったりするのですが
お宅の社長と俳優の○○さん(あるいは歌手の△△さん)と対談してもらいたい
○月○日を予定しているのだがいかがでしょうか、なぁんて電話です
この○○さんとか△△さんというのは
10何年くらい前にテレビで見た覚えがある人です

しかしね、ワタクシの勤め先って業界を代表する会社でもないし
急成長のベンチャーでもない、地方の一企業ですよ

きっと後でこっちからお金を払ったり
掲載誌を山ほど買わされたりするんだろうなぁ

ま、タレントと並んだ写真を会社の応接室に飾ったり
掲載誌をあちこちに配ったりして
社長にもそれなりのメリットはある
  と本人は思っている
という損得勘定のバランスで成り立っている商売なんでしょうね
ま、一種の紳士録商法もどきだと思います

もちろんワタクシの勤め先では辞退してますよ
きっとそのあと別の会社に電話してるんでしょうね
それにしても、何をテーマにした雑誌だったんだろう?
一度実物を見てみたい気がちょっとしますね
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-10-30 08:51 | 無題
今日は『初恋の日』
…なのだそうです

ワタクシの部屋に「初恋はがき大賞」の募集要綱があります

藤村が初恋の詩を発表したのは明治29年10月30日
【文学界】46号「こひぐさ」の一編でした
そこで、この日を「初恋の日」と制定し
全国から初恋ハガキを募集します


主催しているのが、信州小諸の中棚荘
  ワタクシはつい「中棚鉱泉」と呼んでしまうのですが
  1988年に40度Cの湯が湧き出し、名前を中棚温泉に変えたんだそうです

内容的には初恋をテーマにした絵手紙で応募するようだけど
厳密に「絵」でなくても写真やエッセイなどでもかまわないようです

ただし今年はもう10月23日に締め切っていて、今日が入選発表日
よっしゃ、私もと思った人は次回の大賞を目指してみてください
たぶん一年中受け付けているでしょうから
忘れないうちに、思い立ったらすぐ応募

そうそう、賞品は大賞が「ペア宿泊券」
その他入賞には協賛各社の提供によるお菓子などが並ぶのですが
ほら、「初恋の味」といえば思い出すものがあるでしょ?
地元のお菓子屋さんに混じって、ちゃぁんとカルピス株式会社も協賛してます (^^)



ところで、、、
ワタクシはこの宿に泊まったことはないのですが
女将さんとは年に一度顔を合わせる機会があります
  あ、もちろん女将さんにしてみれば「居合わせた大勢の中の一人」
  ですので、ワタクシが認知されてるかどうかは「?」

何年か前にワタクシの家族も一緒だったことがありました
で、息子が『いい旅・夢気分』というテレビ番組が好きなのですが
しばらく前にこの宿が登場していたのですね
「ほら、この小母さん、この間テレビに出ていただろう」と紹介したら
何を思ったのか、とんでもないことを口にしました

「テレビの人たちって、お金払ったの?」

嗚呼、恥ずかしぃ!

   でもね、あとになって考えたら
   テレビや雑誌で紹介するからと
   正規の料金や取材費を払うどころか
   逆に広告料を要求するケースもあるじゃぁないですか
   この番組はどっちなんだろうかと

   親バカになりますが
   意外と息子の質問は鋭かったなと思いました

   ちなみに、女将さんは笑っているだけでしたけどね
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-10-30 08:38 | 記念日
ふたり...
ワタクシの勤め先の在籍社員は70名くらいです
まぁ、営業やら現場やらで普段から3分の2くらいが昼間は不在なのですが
それにしても今日は...

年度末の繁忙期と振り替えて休日にした部署があって
先日の展示会と振り替えて休日にした部署もあって
有給休暇を取った社員がいて

その結果、本日出勤したのは標記の通りでありました
土曜日とあって、外からの電話もかかってきません
静かな部屋の中で黙々と...

いやぁ、一日が長かった
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-10-29 18:56 | 無題
今日は『ホームビデオ記念日』
…なのだそうです

初めてビデオデッキを買ったのはいつ頃だったかな
ソニーのSL-HF77…ハイファイビデオの最初のモデルで
値段が高かったよなぁ、給料3ヶ月分。もちろんローンを組んだ

ベータとVHSの2つの規格があったけど
まだVHSは画質で劣っていたし、ハイファイがでたので
当然のごとくベータを選んだのだが...

市販のソフトはまだ豊富ではなかったし
セルにしろレンタルにしろ値段が高かったので
テレビの洋画劇場なんかをよく録画したものです
  生テープを買いに行くと
  その月にテレビ放映予定の映画名を印刷した
  ラベルシールを店頭で配っていました




  ソニー(β)はビデオデッキを「時間をシフトするもの」
  つまり、テレビをテレビを録画して自分の都合の良い時間に見るもの
  そうとらえていたのに対し
  松下(VHS)は「出来合いのソフトを楽しむもの」と考えたようです

  その後、画質や音質も向上したVHSは市販ソフトのアイテムを増やし
  同調するメーカーやユーザーを獲得していったのですね
  一方、ベータ機はいろんなデジタルエフェクトをかけたりして
  ユーザーが独自の編集ができるような
  ある意味ではマニアックな製品を出してきました



そうそう、毎週土曜日の夕方やってた『大草原の小さな家』
あれも毎回録画していましたね
でも、テレビを見る時間がないから録画したのですから
それを見る時間だってあるわけないじゃありませんか
というわけで、録画したまま一度も見ていないテープが相当数あります

「老後の楽しみ」

そう思っていたのですが
ソニーがベータ機の生産を打ち切ってしまい
新品はもちろん、程度のいい中古も入手が難しくなってきています



本当のことを言うと時間はその気になればひねり出せるのだから
ビデオに撮ったら安心して見る気がなくなっちゃうのかな
前にも書いたけど
ワタクシ、お菓子にしろ本にしろCDにしろ
買ってきてそのままというものが多すぎます
あ、ギターの弦も2年近く前に買ってきて、まだ張り替えてないや
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-10-29 18:53 | 記念日
今日は『速記記念日』
…なのだそうです

ワタクシ、小中学校の頃からノートをとるのが苦手でした
苦手と言うよりは面倒くさかったのかもしれません

中にはキッチリ板書を書いて、それを写させる教師もいましたが
そういった科目以外ではほとんどノートをとらず
学年が終わっても1、2ページしか使っていないという科目もザラでした

当然、社会に出てもメモをとるのが苦手です
一時システム手帳が流行ったときは使ってみましたが
地図や時刻表などの資料を綴じたりするだけで
予定などを書き込むことについては長続きしませんでした

字が下手で書くのが遅いから、つい億劫になったのでしょうか?
それとも、書く機会が少ないから字が下手なのでしょうか?

子供の頃の雑誌の広告に
『日ペンの美子ちゃん』とか『早稲田速記』なんてのがありまして
「ペン習字」とか「背が伸びる」とか「筋肉がつく」というのは
若者のコンプレックスを刺激するのですが
速記というのは少々異質でしたね
あれをマスターして何をしようと考えたのだろう



速記者というと雑誌の対談記事や議会くらいしか思いつかない職業です
  他にもいろいろあるというならワタクシの認識不足です。ごめんなさい
テープレコーダーがあってもなお必要なのは
再生時間に縛られないという便利さと
その場に居合わせることの重要さなのでしょう

でもまぁ、あの独特な文字でメモを書くと
他人の目に触れても読まれることはないでしょうね
ある意味では暗号文として仲間内のやり取りにつかえるのかもしれない



ところで、メモをとらなかったワタクシですが
最近は記憶力より忘却力が上回りつつありまして
仕事場のPCのディスプレイの周囲には
ポストイットがベタベタと貼られております
翌日必ずやらなくてはいけない用事は
帰るときに画面にかかるように貼り直しておきます
こうすればPCの画面を見るのに邪魔になって必ず気づくから (^^ゞ
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-10-28 21:11 | 記念日
今日は『テディベアズ・デー』
…なのだそうです

我が家はときどき那須高原に遊びに行きます
上の子が幼稚園に入った頃から行っているのかなぁ
年に2度行った年もありますが
だんだん頻度が疎らになってきております (^^ゞ

ここ何回か、那須方面に行くときは
初日に鬼怒川あたりのテーマパークで遊ぶというのがパターンの一つでした
「ほどよいドライブ時間で着いて」
「子供が喜びそうな施設で」
「一ヶ所でまとまった時間がつぶせる」
という利点のほかに
「鬼怒川経由だと高速道路を使う区間が無くなる」
という経済上のメリットもあるのですね
我が家から鬼怒川へは足尾経由の一般道が便利だし
鬼怒川からも、東北道のICに行くのと直接那須高原に行くのがあまり変わらないのです

で、二日目は那須高原のどこかの美術館とか博物館に行くのが定番かな

リゾート地ってテーマ性のある博物館って多いですよね
学芸員がいるちゃんとした博物館ではなく、商業施設っぽいやつ
オルゴール博物館とかクラシックカー博物館
トリックアート美術館なんてね

正直言ってチョコっと見ただけで大人1,000円でしょ
家族で行ったら大変なんだよ
1泊2日をそういうところばかりで過ごしたら…
だから一ヶ所で半日とか一日とか過ごせそうなトコを探すんです (^^)

それに子供と大人って趣味が合わないからね。当たり前だけど
こちらがゆったりとした気分で美術品を見たくっても
退屈しきった彼らは「つまらないから出よう!」と駄々をこねるのです

  関係ないけど「駄々をこねる」の「駄々」って何?
  粘土や餅のようなもの?

とまぁ那須高原に行くたびにいろいろ場所を変えているのですが
なぜかここだけは必ずと言ってよいほど毎回寄ってます

那須テディベア・ミュージアム

正直言って何度来ても特に変わっているなと感じることは無いのですが
逆に、変わっていないことで
「ああ、家族が無事に過ごせてここに来れたんだなぁ」
としみじみ落ち着いてしまう面もあるような気がします

  まぁ、ワタクシは昔っから同じ場所に通いつめる性格があるのですけど

ミュージアム側でもリピーターを大切にする気持ちがあるのか
この前行ったときにはリピーター割引という制度ができていました
ようするに入場券の半券に日付印が押してあって
これを持って2年以内に再訪すると入場料が20%割引になるというものです
この界隈の観光案内所や売店のカウンターに
「ご自由にお持ちください」と置いてある割引券が10%引きですから
割引率が倍違います…一人分の金額の差は大したことがないようですけれど
大人のグループだったら幹事さんのちょっとした飲み物代くらいは、、、
はは、またセコイことを考えてしまった (^^ゞ
b0040498_2243593.jpg

この写真がチケットの半券なのですが、裏に押されている日付は…
あと2ヶ月少々で有効期限が切れてしまいます
やっぱり那須高原に行く頻度が落ちてしまったなぁ
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-10-27 22:03 | 記念日
今日は『原子力の日』
…なのだそうです

物質をどんどん細かく分けてゆくと最後は原子になります
原子は、中心に原子核があり、その周りを電子が回っています

実はワタクシ、原子力発電というものは
この電子を集めて電力として利用するものだと思っていました

電流は電子の流れであるという知識と
真空管はヒーターから飛び出した電子を制御して整流や増幅しているという知識が
そんな発想を生み出したのではないかと思います

ある日、原子力発電の方法を知りました
「原子炉の熱でお湯を沸かし、その蒸気でタービンを回す」と
…なんや、火力発電と一緒やないか

もちろん原子炉の制御にはきわめて高度な科学技術が必要なのでしょうが
原子炉から直接発電できると思っていたワタクシは
ただお湯を沸かしているだけという事実に拍子抜けしてしまいました

子供の頃から
「発電所には3つの方式があり、それは水力、火力、原子力」と習ったのですが
それなら
「水力、蒸気力(石炭、ガス、石油、核融合)の2つ」というのが
正しい表現ではないでしょうかねぇ
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-10-26 21:24 | 記念日
今日は『民間航空記念日』
…なのだそうです

ワタクシが初めて飛行機に乗ったのは1962年でした
当時としては珍しい体験だったと思いますが
なにぶん、自分も幼くて記憶がありません (^^ゞ

その次に乗ったのが1964年
これは何となく覚えているような、、、
いや、飛行機そのものよりも強烈に覚えていることがあります

そのときは板付(福岡)から伊丹(大阪)まで乗ったのですが
伊丹空港のターミナルで荷物がベルトコンベアーに載って流れてくる情景を
今でもハッキリ覚えています

そのときワタクシが思ったのは
「わざわざ飛行機に乗らなくても、人間もこれに乗ればいいじゃないか」
えっ? どういうことかって?
つまり、、、
荷物は飛行機を使わず地下のトンネルをベルトコンベアーで運ばれてきた
幼心にそう思い込んでしまったのです
ついでに、日本中の飛行場は荷物用の地下道で結ばれているとも思ったわけですね

冷静に考えれば
あんなにゆっくり流れているベルトコンベアーの荷物が
飛行機に乗ってきた人間と同時に大阪に着くわけがないのですが
子供だから福岡と大阪がどれくらい離れているか
飛行機がクルマや列車と比べてどれだけ速いか
なぁんて認識がないのですね

でもまぁ地下のトンネルをベルトコンベアーで運ばれてゆくのは
暗くて寂しいだろうから
だから人間は使わないのだろうなと
ひざを抱えるようにしてベルトの上に座っている自分の姿を想像しながら
かなり長い期間、そう考えていたのです

3度目に飛行機に乗ったのはずいぶん時間が経って1973年でした
その頃には、あれは誤解だったと気づいていたと思います

大学生の頃だったかな
窓際の席に座って下を見ていたら(まだ出発前です)
偶然自分のバッグが積み込まれるのが見えて
安心すると同時に、少しがっかりしました



b0040498_22393353.jpg

余談ですが、上の写真は1989年に初めて外国旅行をした際に
新潟空港で見たアエロフロートの貨物機です…これが民間航空機?
地上が見やすく作られた窓に機銃座を取り付けたら
戦争映画で見た爆撃機そのままですよ
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-10-25 22:25 | 記念日
迷子になった迷子札
きのう、森林公園のドッグランから出口に向かう途中で
サスケの首輪に針金のようなものが絡まっているのを見つけ
取り除こうと手を伸ばしながら顔を近づけると
「あ、これは、、、」
迷子札を首輪につけるのに使っていた二重環のなれの果てでした
  写真右。左は参考までに元の形

線径1.4ミリ。これを伸ばそうとすると
大人だって相当の力が必要です
ドッグランで遊んでいる時に首の周りを掻いていたけど
そのときにでも引っ掛けたのかなぁ?
それとも、、、いずれにしてもたいしたパワーです
と感心している場合ではありません
もちろん迷子札は伸びきった輪っかの隙間から落ちてしまい
それがドッグランの中なのか園内の歩道なのか
まったく見当もつきません

あまり装着が気にならないように
軽くて小さなものを使っていたのですが
やはり迷子札には「落としてしまう」宿命的な欠点があります

イヌではまだ義務付けられてはいませんが
一部のペットでは既に「マイクロチップを体内に埋め込む」ように決められています
これはいいなと思うのですが、気になるのは
「読み取る機械や、世間の認知がどれだけ普及してるの?」ということです

迷子のイヌを保護しても読み取る機械が近くに無かったり
「マイクロチップが埋め込まれているかも」と気をまわす想像力が無ければ
外から見えないマイクロチップはその役割を果たさないのです

  それとも、ワタクシが知らないだけで
  なにか目印があるのでしょうか?

ううむ、そうなるとやっぱり「首輪に刺繍する」っていうのが
今のところ一番なのかなぁ
まぁ、これだって悪意を持った輩に外されたらそれまでなんだけど



紛失したサスケの迷子札には
「SASUKE!」という名前とワタクシの苗字、携帯電話の番号が
レーザー彫刻で掘り込まれています
自宅の電話ではなく携帯電話にしたのは
キャンプや旅先などではぐれたときに対応しやすいからです
ワタクシの携帯電話の番号はごく限られた人にしか教えていません
  その人たちの電話番号は携帯に登録してありますので
  着信すれば名前や顔写真が表示されます

ですから携帯電話が鳴り、しかもそれが番号だけの表示ならば
かなりの確率で拾った人からになるのですが
今日一日、間違い電話さえかかってきませんでした

ま、傷がついて汚れている迷子札だけじゃ
拾われていても連絡無くて当然だわなぁ
[PR]
by TodomatsuHouse | 2005-10-24 22:12 | イヌと暮らす

 

Copyright © 漂泊舎 2004-2006 All rights reserved

RSS ブログリンク PC・ネット ウェブログ 音楽と周辺 路上にて 無題 イヌと暮らす はてな オピニオン 記念日 英文に翻訳します
これまでの記事
これより新しい記事は新URLにあります(古い記事も再掲してあります)

2006年
Jan Feb Mar
Apr May Jun
Jul Aug Sep
Oct Nov

2005年
Jan Feb Mar
Apr May Jun
Jul Aug Sep
Oct Nov Dec

2004年
      Sep
Oct Nov Dec



 
受信したトラックバック
小室等 こむろゆい Li..
from ういろー・ざ・わーるど
小室等 こむろゆい ライ..
from ういろー・ざ・わーるど
ミルクランドは何処にある?
from ういろー・ざ・わーるど
寸止め・2
from ういろー・ざ・わーるど
もう記事のネタに困らない..
from ネットビジネス関連お役立ち無..
告 知
from ういろー・ざ・わーるど
2006野反湖フィールド..
from ういろー・ざ・わーるど

XML | ATOM

skin by 漂泊舎
RSS feed meter for http://uiroh.exblog.jp