トップ
 

<   2006年 02月 ( 32 )   > この月の画像一覧
カタログハウスの学校
というのを受講してきました(25日)
…というほど堅苦しいものではありません

小室等さんがエッセイストの山口文憲さんをゲストに招いてのトークショーで
テーマは「団塊の世代」。テーマと呼ぶよりは話題といったほうがいいのかな

団塊の世代とは、1947~1949年生まれをさして言います
最近彼らをバッシングする論調が多いのですが、その先鋒を担っているのが
ワタクシの年代なのだそうです…そうかなぁ?
自分は彼らの反体制ぶりに憧れを持ってるんだけど
  もっとも、反体制に挫折して企業戦士になったのも団塊世代なので
  その辺は非難したくもありますね


ホスト役として小室さんは半ば強引に「既定の路線」に話を持ってゆきたがるのですが
なかなかそういう方向に行かなかったりするばかりか
それはそれで面白い方向に話が展開して
予定時間をオーバーして会場は楽しませてもらいました

ワタクシが団塊世代より10歳年下なら、小室さんは5歳くらい年上にあたり
それぞれの世代でものの見方考え方、ライフスタイルにも相違があるんだな

対談の合間には小室さんがテーマに関わりのある歌を歌うというスタイルなのですが
最後に歌ったのが『港』(北山修作詞・坂庭省悟作曲)
そうか、こういう話の流れで聴くと
この歌の味わいも違ってくるもんだね

ちなみに
3月に発売される山口さんの新刊が『団塊ひとりぼっち』というタイトルです
[PR]
by TodomatsuHouse | 2006-02-26 11:23 | 無題
新宿駅・新南口
b0040498_1114621.jpg

新宿に移動してきました
『L-Breath』というアウトドアショップに寄ってゆくことにします
地下1階から9階までの大きな店ですが
それでもこの時期ではテントやバーベキューコンロなど、大物の展示はありません

6階にはスノーシューが置いてありましたが
やっぱりクロスカントリースキーはありませんでした
ほんと、最近は扱っている店がありません
あってもテレマークやバックカントリー用くらいで
ワタクシの好きなライトツーリングタイプが無いのです
  それも競技用に近いものが好きなんです
  重たい荷物を持たず、比較的平坦なコースを滑りたいという願望が見え見え (^^ゞ


階を下って3階までおりてきます
ここはランタンやら小型バーナー、食器など小物グッズなど
経験者が一番ウンチクや思い入れを語りたがる分野です
陳列棚の間の狭い通路でスーツ姿の男性と目が合いました
「あれ? どこかで会ったような…」
気がついて会釈しかけたときに、彼の向こう側に立っていた男性が
最初は向こう側を見ていたのですが、振り向いてワタクシと向き合う形になり

「あれ~!? なんでぇ?」

同時に言ってしまいました
彼もそうでしたから、きっとワタクシも目が点になっていたのだと思います

スーツの男性はグッズメーカーの東京営業所の人
もう一人は新潟の本社で開発を担当している人です
Kさんはスーツ姿だったからちょっと判らなかったけど
Tさんはいつもキャンプ場で会うのと同じジーンズ姿だったから
というより知り合って8年、特にここ何年かは
イベントがらみで年に1、2度はキャンプ場で一緒なので
メーカーとユーザーの関係ではありますが
ワタクシは彼を友人だと思っているのですね

しばし歓談、グッズ談義

しかし奇遇ですよね
そりゃまぁ彼らの仕事から考えたら、ここに来たのも用務だと思いますので
路上でバッタリ出会うよりは遥かに確度が高いのですが
それにしたってまさにこの時刻、この売り場のこの通路にドンピシャでなければ
こんな出会いはないのですから...
ワタクシも秋葉原からここに来る間に何ヶ所か立ち寄ったところもあり
中には無駄足だったなと思った場所もあったのですが
この出会いのための時間調整だったと思えば、ちっとも無駄足じゃなかったことになる

世の中、よくできたものです
[PR]
by TodomatsuHouse | 2006-02-26 11:14 | 無題
秋葉原
b0040498_119296.jpg

久しぶりに東京に出たので秋葉原に寄ってみました
駅構内がすっかり綺麗になったからだけではなく
街の雰囲気全体も変わってしまったような感じです
以前ほどパソコンショップが目立たなくなりました

まぁ、それ以前にもオーディオとか無線機などが
街を埋め尽くしていた時期があったような気もするのですが
今回は「電気街」そのものから離れて、多様な街に変貌しつつあるような印象でした

それでもまだまだ中央線のガードに沿ったあたりでは
店頭にコンテナボックスを並べてパソコンの部品や周辺機器を安売りしている店があり
こんなのを覗きながら歩くと、新しいPCに手を加えたくなりますね

いつも立ち寄る店でマウスを買いました
  実は去年まで使っていたマウスが、裏側のシリコンが剥がれるなど使いづらくなり
  買い換えたいなぁと思っていた矢先に本体が壊れてしまったのでした
  で、新しいPCについてきたマウスが手に馴染みにくいのですね
  以前買って仕事場とリビングルームで使っているマウスが気に入っているので
  机上スペースの制約で小さいのがいいんです
  同じものが手に入らないかと探してみたわけです
780円と書かれたコンテナボックスには、違うマウスが入っており
あれから1年以上もたっているのだから仕方ないよなと思いながらも底を探ると
…ありましたよ (^^)v
リビングルームのもイヌたちに悪戯されて右クリックしづらくなっているので
ついでに買っておきますか…あ、このテントウ虫のも可愛いな
b0040498_1191757.jpg

30万画素のPCカメラが1,380円というのもそそられました
リビングルームのPCに取り付けて我が家のペットのライブ中継、というか監視用に
ちょっと遊んでみたいなという構想は以前からあるのですが
いかんせんCPUの性能が…FLASHを多用したウェブサイトの表示も苦しい状況ですから
ちょっと今回は見送りですね

それにしても、青果市場のあったところは風景が一変しちゃいましたね
大きなビルが建って秋葉原にいるという感じがまったくありません
駅前でチラシやティッシュを配っているのもメイド服姿です

結局、秋葉原で買ったのはマウスだけ。おでん缶は買いませんでした

そういや、最近は駅で大きな箱を持っている人を見かけなくなりましたね
ひところはパソコン本体、それ以前はオーディオのアンプやスピーカーなど
友人を頼んだのか2人がかりで持って電車を待ってる人がいたものですが
今はみんな宅配で送ってしまうのでしょうね…自分も6年前にPCを買ったときはそうでした
もっとも、あれは自作用の組立キットにオプションを選択する方式でしたから
その場で部品が揃わなかったからでもあるのですが
[PR]
by TodomatsuHouse | 2006-02-26 11:10 | PC・ネット
荒川「金」五輪フィギュア 日本待望のメダル1号
いやぁ、いくらワタクシでも
これだけ周りが大騒ぎしていれば明日の朝刊を待たずとも知ってますよ
たまたま見た昼のテレビニュースでもやってたしね

結果が判っているから見ているほうも安心ですね
…ふぅん、これが金メダルの演技かぁ、すごいなぁ

彼女が滑り終えるとアナウンサーが
「村主、惜しくもメダルに届きませんでした」

ありゃ、人違いか (^^ゞ
[PR]
by TodomatsuHouse | 2006-02-24 20:12 | 無題
国会の自爆男
永田氏が議員辞職の意向 送金指示メール問題 [ 02月23日 13時10分 ]

 民主党の永田寿康衆院議員(36)=比例南関東=は23日午前、ライブドア前社長の堀江貴文容疑者が武部勤自民党幹事長の二男に送金を指示したとして提示した電子メールの信ぴょう性を立証できなかったことの責任を取り、議員辞職する意向を党側に伝えた。ただ民主党執行部は辞職の是非やタイミングは慎重に判断すべきだとして結論を先送りするよう求め、永田氏もこれに従うことにした。
 執行部としては永田氏辞職はメールが偽物だったことを事実上認める形となるだけに、22日の党首討論で「資金提供の確証を得ている」と言明した前原誠司代表ら幹部の責任問題に波及することを強く懸念したとみられる。ただ永田氏の進退問題に発展したことは、民主党に大きな打撃となりそうだ。
共同新聞


かつて「国会の爆弾男」と異名を取った代議士さんがいました

トップ屋顔負けのスクープで政財界の不正を次々に明るみに出したっけ
カッコ良かったよなぁ

でも、議員の名で、国会の場で発言するんだもの
綿密な裏づけ調査と確固たる信念があったはずだと思う

それにひきかえ今回の人は...

「自滅男」だったらまだ自分ひとりだけど
巻き添え食っちゃう人もいるだろうから「自爆男」です

「国会の自爆男」

あ、議員辞めちゃったら、そんな異名もつかないか



おっと、さすがスポーツ紙(けっして「赤新聞」呼ばわりしているつもりはないけど)
しっかりインタビューしてますね

『元祖「爆弾男」楢崎氏がメール疑惑を一喝』(日刊スポーツ 2月22日)



ところで、結局あのメールの真偽はどうなったのかねぇ
よく考えたら偽者だった場合の方が奥が深い問題かもしれないね

本物だったら、もちろんそれはそれで大スキャンダルだけど
ある意味では「ああ、やっぱりね」で終わる部分もあるじゃないですか

偽者だったら、考えちゃいますよ
曲がりなりにも国会議員の先生が本物と信じて受け取ったネタですから
それなりに説得力のある人物やシチュエーションがあったのでしょう
まさか支持者が「先生、これで手柄立ててくださいよ」って持ってきたわけじゃないでしょ
誰が何のためにって謎が湧いてきますよ
結果的に執行部まで責任が及んだにせよ
若手議員に赤っ恥かかせるためだけに仕組んだとも思えないし
まして「自作しました」ってオチはありえないでしょう

いや、以前読んだ飯島秘書官の著作によると
代議士さんってのは
支持者と称する人物が持ち込むペテン話に引っかかりやすいそうです
だとすると案外単純な話かもしれませんね

いずれにしましても政治資金がどうこうという裏金の話よりも
こちらの話のほうが週刊誌ネタとしては楽しめそうです

疑心渦巻く永田町…
当事者はそれどころではないでしょうが
[PR]
by TodomatsuHouse | 2006-02-23 21:57 | 無題
運動会、文化祭
いやぁ、さすがに、と言うべきなのかは今朝の新聞
何がって言うと、オリンピックのフィギュアスケートの話で
スポーツ欄とは別に見開きで解説記事を載せてましたよ

メダルの期待が高まったからって、すごい豹変ぶりで
おかげでJOCからは村主、荒川、安藤の3人がエントリーしていることが判りました
  でも、まだ顔が覚えられない
しかし、日本人が上位に行くとこの騒ぎ
いったいいつから国粋主義者ばかりになったのでしょう?
札幌ではジャネット・リンであれだけ盛り上がったのに

  余談ですが、この人は例の規定演技が苦手だったそうで
  フリーでは尻餅をついてさえ芸術点で満点をとったものの
  規定演技のポイントが悪くて銅メダル止まりでした
  …それが競技廃止の遠因になったとも言われているそうです



ところで、トリノでは連日
有名ミュージシャンによる無料コンサートが開かれているって知ってます?
デュラン・デュラン、ジャミロクワイ、ホイットニー・ヒューストン等など
豪華メンバーでしょ

これ、オリンピック憲章にちゃぁんと書いてあるんですよ
「文化的ないくつかのイベントを計画しなければならない」って
過去には美術展なんかもあったんじゃなかったけな?

それで思ったんですけど、オリンピックって結局「貴族の道楽」なんですね
日本にだって昔あったでしょ「殿様の御前で相撲をとって見せる」ってのが
IOCが最高の舞台を用意して、各地から人を集めて競技や演技をさせるわけですね
もちろん、これは悪いことではありません
パトロンがつかなければ日の目を見ない才能だってあるのですから
そういう才能を見つけ、育てるのが金持ちの務めなんですよ
下心なんか持たずにね

今はポンと金を出せる個人がそんなにいませんから
企業による支援になってしまうのでしょうね
IOCだって自腹切るほど金を持ってないから組織委員会に開催権を丸投げして
組織委員会は企業から資金を集めようとするわけです

だから商業的になりすぎると言われることもあるけど
政治的になるよりはずっといいんじゃないかな
ただ、「我が社はオリンピックに金を出してます」って言うのはやめてよ
それはパトロンではなく宣伝ですよ。下品です



そういえばオリンピックの文化的遺産の一つに公式記録映画ってありますね

いや、「ありますね」と書いたものの、最近ついぞ耳にしません
『白い恋人たち』『時よとまれ君は美しい』は劇場でやったのを覚えています
『東京オリンピック』は先生の引率で学校からゾロゾロ歩いて見に行ったな

当然、長野オリンピックのもあるはずですが、調べるまで知りませんでした
『オリンピック・グローリー』というタイトルで、なんとアイマックス仕様
これじゃ町の映画館や公会堂では上映できませんね

で、何故か長野オリンピックの記録映画はアメリカの制作会社が作っていて
監督もキース・メリルというアメリカ人なのですが
東京オリンピックは市川昆、札幌オリンピックは篠田正浩が監督です
やっぱり気合を入れて作っているぞという人選ですね
今だったら誰がいいでしょうかね?

北野武? …いえ、単に「コマネチ!」からの連想ですが (^^ゞ
[PR]
by TodomatsuHouse | 2006-02-23 21:19 | 無題
本日、創業記念日
b0040498_2221023.jpg

今日から五巡目です
また長いような短いような、そんな12年が始まりました
今度周り終えたら、なんと「ザ・還暦」ですよ

穏やかな「初老の紳士」になっていればいいのですが
きっと、どこか間の抜けた「ういろーのオヤジ」にしかなれないでしょう
だって、人間、特にここまで来ちゃったら
そう簡単に変われそうにないですからね

これからも、よろしく!
[PR]
by TodomatsuHouse | 2006-02-22 22:21 | 無題
コスモポリタン
前にも書いたんだけど
高校時代の体育の教科書に
「オリンピックは都市が開催し、NOCが選手を派遣する」
みたいな事が書いてあってワタクシは凄く感動したものでした
「国」とは無関係なところが好きなんです

でも、実際はそうじゃない
かつて東欧諸国は英才教育を施したステートアマを育てたし
日本にだって自衛隊体育学校という機関があったりします

  夏の射撃競技は民間人の選手も多いけど
  バイアスロンはほとんど陸上自衛隊冬季戦技教習隊所属ですね

本当はオリンピック選手は国を代表なんかしていないのです
国会で決議されたわけでも、内閣が承認したわけでも、天皇が任命したわけでもない
各競技連盟がそれぞれ選考して推薦した選手を
国内オリンピック委員会が派遣しているだけのことですから

日の丸なんか背負わなくていいんですよ

まぁ確かにオリンピック憲章には「その国の国籍を持っている者」
と資格が規定されていますが
そんなもの、他国の国籍を取って、そこから出場したっていいのですから

ひところ、民族紛争などが多発していた時期に
国旗ではなくオリンピック旗を登録して参加した国や地域がありましたが
それがひとつの理想形ではないかと思うんですね

各地からトップアスリートたちが技を競い合うために集まってくる
それで充分だと思うんですけどね。やる方も見る方も

一競技者を一ファンが観戦する
  ワタクシの場合は翌日の朝刊を読む
そんな関係でいいんだと思うのです




ところで、国内では冬の国体が始まりました

で、考えたら、こちらこそ都道府県が直接費用を出して選手を派遣してるんですよ
まさしく「おらが国サ」を代表して参加してるってわけ

国民として選手を応援しなくてはならないのは、こちらのほうかもしれませんよ
[PR]
by TodomatsuHouse | 2006-02-21 00:38 | オピニオン
田園に住む
聖火台のさらに先にはこんな家が...
b0040498_23284821.jpg

右に見えるのはイヌ小屋でしょうか?
中央には風見鶏ならぬ風見鯨です


b0040498_23301655.jpg
郵便&ミルク受け箱も
デザインが
統一されています

今でもあるのかな?

今度の日曜にでも
再訪したくなりますが
詳しい場所が
思い出せません...
[PR]
by TodomatsuHouse | 2006-02-20 23:33 | 路上にて
几帳面
b0040498_2326159.jpg

川本で見た聖火台の写真を探していたら
こんなのも一緒に見つけました

聖火台のお寺に行く手前で撮ったようです
[PR]
by TodomatsuHouse | 2006-02-20 23:27 | 路上にて

 

Copyright © 漂泊舎 2004-2006 All rights reserved

RSS ブログリンク PC・ネット ウェブログ 音楽と周辺 路上にて 無題 イヌと暮らす はてな オピニオン 記念日 英文に翻訳します
これまでの記事
これより新しい記事は新URLにあります(古い記事も再掲してあります)

2006年
Jan Feb Mar
Apr May Jun
Jul Aug Sep
Oct Nov

2005年
Jan Feb Mar
Apr May Jun
Jul Aug Sep
Oct Nov Dec

2004年
      Sep
Oct Nov Dec



 
受信したトラックバック
小室等 こむろゆい Li..
from ういろー・ざ・わーるど
小室等 こむろゆい ライ..
from ういろー・ざ・わーるど
ミルクランドは何処にある?
from ういろー・ざ・わーるど
寸止め・2
from ういろー・ざ・わーるど
もう記事のネタに困らない..
from ネットビジネス関連お役立ち無..
告 知
from ういろー・ざ・わーるど
2006野反湖フィールド..
from ういろー・ざ・わーるど

XML | ATOM

skin by 漂泊舎
RSS feed meter for http://uiroh.exblog.jp